So-net無料ブログ作成

第9回加古川清流戦第2局、第3局(池永天志四段VS服部慎一郎三段) [将棋]

池永四段の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/seiryu/

池永天志の読みかかたは(いけなが たかし)です。(てんし)ではありません。
でもだれもが(てんし)と呼びたくなるのか、あだ名は(テンテン)だそうです。
詰め将棋が得意で、あの藤井聡太に次いで2位の成績を上げたことがありますが、1年目の成績は10勝9敗と新人としては物足りないです。
前期順位戦も6勝ち4敗と辛うじての勝ち越しです。
しかし、ここで加古川清流戦で優勝すれば実績として残りますし、大きな自身になると思います。
第6回優勝の井出隼平四段は、第7回でも準優勝し、今期も準決勝まで勝ちあがっています。
やはり自信のなせる技だと思っています。
デビュー2年目の池永四段ですが、みごと初優勝なるでしょうか!

【第2局棋譜】
http://live.shogi.or.jp/seiryu/kifu/9/seiryu201910200101.html

さて将棋ですが、2局目も矢倉となります。
後手の池永四段が早めにつっかけて、小競り合いが始まります。
服部三段の玉は薄いながらも均衡を保ち、逆に池永四段の攻めゴマを責め返します。
中盤でじっくりと優勢を築くと大人の対応でリードをじわじわ広げ、最後は先輩四段を即詰みに打ち取りました。
これで優勝の行方は第3局にもつれ込みます。

【第3局棋譜】
http://live.shogi.or.jp/seiryu/kifu/9/seiryu201910200201.html

3局目もまたまた矢倉模様となります。
後手が手損したこともあり、先手池永四段が快調に攻めていきます。
服部三段も後手矢倉らしく8四角と据えて反撃を見せますが、逆に玉頭から反撃されて角を追われ、先手陣がどんどん伸び伸びとしてきます。
歩のスクラムで服部三段の攻撃陣を圧迫すると、池永四段は飛車切りから一気に決めに行きます。
101手目を指された服部三段の残り時間は20分。持ち時間を使い切り、そのまま投了しました。

池永四段は嬉しい棋戦初優勝です。おめでとうございます!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第9回加古川清流戦第1局(池永天志四段VS服部慎一郎三段) [将棋]

デビュー2年目の若手と、奨励会三段の決戦となりました。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/seiryu/

加古川清流戦は若手棋士の登竜門という扱いです。
参加資格者は棋士四段位・奨励会三段位上位者、女流棋士2名、 アマチュア3名ですが、デビュー2年目の26歳、奨励会3段リーグで4位の成績を収めた19歳の決勝は、いかにも加古川清流戦らしいといえます。
服部三段は次点を持っており、あと1勝していれば2回目の次点でフリークラス入りの権利を得るところまできています。
なお、両者は1期だけリーグが重なっていますが、対戦はありませんでしたので、本局が初顔合わせとなります。
さあ池永四段は、先輩棋士としての貫禄を見せることができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/seiryu/kifu/9/seiryu201910190102.html

ということで将棋です。
持ち時間1時間チェスクロック使用という短時間の棋戦の上に、1局目が千日手指し直しとなったため、先手残り48分、後手残り30分というさらなる早指しとなります。
矢倉模様に進みますが、先手服部三段が銀を6六に進出させ、4五歩と仕掛けて戦いが始まります。米長流急戦矢倉です。
そこから中央で押し合いとなりますが、50手目~60手目あたりが勝負所だったようです。
5三歩のたれ歩が玉に逃げられると空振りぎみで、逆に後手池永四段から急所に歩を伸ばされて服部三段は苦しくなります。
玉を固めながら反撃するという奨励会らしい勝負術を見せますが、丁寧に指した池永四段がリードを広げ、まずは貫禄の一勝です。

2局目、3局目は翌日(10月20日)に開催です!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第32期竜王戦第1局(広瀬章人竜王VS豊島将之名人) [将棋]

広瀬竜王が初防衛戦に挑みます。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/ryuou/

広瀬竜王はタイトル2期とその実力からは少なめです。
王位戦では深浦王位を破って戴冠するも、翌年に羽生善治に敗れ、リターンマッチも退けられました。
棋王戦でも挑戦者になりますが、渡辺明にはねのけられています。
そしてタイトル100期がかかった羽生善治から竜王を奪い、豊島名人の挑戦を受けることとなりました。
順位戦A級では安定した戦いを続けており、実力はトップクラスなのですが、その上の世代をなかなか超えられなかったのがタイトル数の伸び悩みの原因だと思います。
広瀬竜王は32歳、豊島名人は29歳とほぼ同世代です。
さらに若い世代がひたひたと迫っている中、虎の子の竜王位を失うわけにはいきません。
さあ大事な初戦はどのような展開になったでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/ryuou/kifu/32/ryuou201910110101.html

先手は豊島名人。となると十八番の角換わりとなります。
王位戦最終局では先手角換わりで負けて失陥しましたが、やはり大一番に持ってくるのは角換わりです。
豊島名人は序盤で角を手放し、盤上を制圧しにかかり、次に歩頭の桂馬でゴリゴリと攻めかかります。
広瀬竜王はその桂馬を相手にせず、ひらりひらりと玉を右側に交わします。
やや広瀬竜王有利で中盤戦を迎えますが、そのリードは思っていたより小さかったようです。
爽やかに香車を走って決めにいきますが決まらず、7二桂馬を逆用されて豊島名人に挟撃体制を築かれてしまいました。
受けのなくなった広瀬竜王は最後に王手ラッシュを掛けますが、豊島名人は1分将棋のなか冷静にかわし切り、173手の熱戦を制しました。

豊島名人が大二冠に向けて、大事な初戦を白星で飾りました。
第2局は10月23、24日に京都市仁和寺で行われます!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第41期霧島酒造女流王将戦第1局(里見香奈女流王将VS西山朋佳女王) [将棋]

女流棋界最高の2人の対戦となりました。
※対局は土曜日に行われています。

〔主催者HP〕
http://www.igoshogi.net/shogi/Loushou_info/jyoryu_oushou.html

いま女流棋界は里見女流六冠と西山女王の二強となっています。
タイトル数こそ6:1と大きく離れていますが、奨励会員である西山女王は出場できる棋戦が限られていることが大きいです。
両者が激突したマイナビオープンでは、番勝負で西山女王が勝っています。
こうなってくると、事前の予想が付けられないほど実力は接近していると思います。
もし女流王将戦で里見女流六冠が破れ、西山女王が番勝負で連勝となれば、力関係の逆転すらありえます。
女流棋界最高の2人の対戦。さあ、大事な第1局の結果はどうなったでしょうか!

〔棋譜〕
https://6shogi.com/41joryuoushousen1/

ということで、将棋です。
振り飛車党の両者、お互いに譲ることなく相振飛車となります。
先手西山女王は矢倉に組み上部に手厚くなるものの、後手里見女流王将からの先攻を許します。
里見女流王将が快調に攻め立てますが、受けきって香車得となった西山女王が反撃にでます。
美濃囲いの弱点を付き、崩していくと一気に先手優勢となります。
一瞬だけ危ないシーンはあったようですが、概ね危なげなく寄せきったと思います。

3番勝負の先勝は大きいです。
第2局は、10月23日(水)に将棋会館で行われます!
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第50期新人王戦第1局(増田康宏六段VS高野智史四段) [将棋]

若手棋士の登竜門です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/shinjin/

増田康六段は16歳でデビューして今年5年目です。
新人王戦には過去に連覇したことがあり、今年も優勝すれば最多タイ記録となる3回目となります。
16歳でデビューしたこと自体が記録的な早さなので、その期待値からすると十分に活躍しているとはいえません。
新人王戦では優勝を目指すというより、勝たなければいけない棋士だと思っています。
年齢的にもまだ21歳なので、昇段しなければ来年も出場資格があります。
3度目を通過点とするためにも、まずは1勝を挙げて欲しいと思います。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/shinjin/kifu/50/shinjin201910090101.html

ということで将棋です。
戦形は最近増加傾向にある相掛かりとなりました。
後手が飛車を引いたのを見て、先手高野智四段は浮き飛車に構え、3筋から突っかけていきます。
軽い仕掛けなのでそこからまだ二次駒組みへと移りますが、中盤の入り口で後手増田康六段が桂馬を5三に成りすてて角飛車交換に持ち込みます。
この攻めが俊敏でした。
先手は駒得したものの飛車の打ち込みからじわじわと戦力を削られます。
高野智四段は粘りますが、最後まで磐石の差し回しをみせた増田康六段がまずは幸先のよい一勝を挙げました。

第2局は10月21日(月)に、同じく東京・将棋会館で行われます!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第13回白瀧あゆみ杯争奪 決勝(加藤桃子女流三段VS山根ことみ女流初段) [将棋]

主催者は嘉永六年創業、棋士ご用達の白瀧呉服店です。

【日本将棋連盟HPより】
https://www.shogi.or.jp/match/unoffi_match/shirataki/

白瀧あゆみ杯は若手女流の選抜戦です。
実績十分の加藤女流三段が若手といわれると驚きますが、年齢的には若手です。
かつてあったベテラン棋士対象の達人戦に、羽生善治や森内俊之が出場していたのと同じかもしれません。
山根ことみ女流初段は21歳ですが、16歳でデビューしているので5年のキャリアがあります。
第5回YAMADA女流チャレンジ杯で優勝するなど、次世代を担う人材ではひとつ抜けた存在になりつつあります。
白瀧あゆみ杯の決勝戦の相手は実績十分の加藤女流三段ですが、成長の跡を見せることができるでしょうか!

【棋譜】
https://www.youtube.com/watch?v=c-gaJZZL_U0

ということで将棋です。
戦形は先手ノーマル四間飛車に船囲いからの右銀速攻という昭和テイストの戦いとなります。
玉の固さに差があるので、居飛車側はかなりの戦果を挙げないと勝ちきれません。
別れはお互いに飛車を取り合う振り換わりとなり、後手十分のまま終盤戦に入ります。
先手が食いつき、受け切れるかどうかの将棋となりますが、78手目に9三角と龍に当てた手が薄かったようです。
当然のように龍を見捨てて金を2枚取り、その2枚金を角との交換となりますが急所に角を打ち込むことができて、一気に優勢となります。
その後も逃げ切れるか攻め切れるかの勝負となりますが、最後は万全の将棋で寄せきり、見事に山根ことみ女流初段が勝利し、初優勝を果たしました。

おめでとうございます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第67期王座戦第3局(斎藤慎太郎王座VS永瀬拓矢叡王) [将棋]

永瀬叡王の2連勝で迎えた第3局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/ouza/

永瀬拓矢叡王といえばバナナです。
2018年に棋王戦では1局当たり約6本を注文し、永瀬=バナナという公式を確立させました。
どこかのインタビューで、「消化がよくて食べやすい」というような返事をしていたように記憶しています。また「食べたくて食べているわけでなく、糖分補給のため」といったコメントもあったように思います。
おやつには棋士の個性がでます。カロリーメイトといえば丸山九段のように、特定の食材が棋士と結びつくようになれば一流棋士です。それだけ有名になった証拠だと思います。
さあ、バナナこと永瀬叡王は、本局でもバナナを大量に食して王座を獲得できるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/ouza/kifu/67/ouza201910010101.html

ということで将棋です。
戦型は先手永瀬叡王がときおり採用する矢倉となりました。裏芸のようなものだと思います。
そして流行の土居矢倉ではなく、金矢倉に組み上げます。
金矢倉は一時期は絶滅寸前でしたが、最近増えているような気がします。
後手はもちろん急戦をしかけますが、受けの強い永瀬叡王相手です。一気に行くことはもちろんできず、馬を作って長期戦に入ります。
ここから力のこもった捩じりあいが続きます。
先手永瀬叡王は銀冠に入り固いのに対し、後手斎藤王座は玉が薄く、実戦的には徐々に後手が大変になっていきます。
最終盤になり、斎藤王座も永瀬玉に迫りますが、持ち駒が豊富なのに横に効く駒がないため、どうしても先手が詰みません。
161手の熱戦となりましたが、永瀬叡王がらしい将棋で勝ち切り、これで3連勝。王座をストレートで奪取し、これで叡王と合わせての2冠となりました。
斎藤王座は無念の失陥ですが、これから捲土重来の機会はあると思います。
対局中のおやつにバナナはなかったようですが、それでも永瀬叡王は強かったです。

永瀬新王座おめでとうございます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第78期順位戦展望【A級・前半戦】 [将棋]

タイトル戦の関係もあり、かなりバラけた日程です。

【対戦表・A級】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2019/78a/index.html

3戦を終えて唯一の3連勝が渡辺明三冠です。
いままで名人挑戦が一度もなく、しかも前々期はB級1組に陥落という苦杯をなめましたが、その悔しさを跳ね返すかのような大活躍です。
まだ3戦ですが、名人挑戦の大本命です。
広瀬竜王、羽生善治九段も2勝1敗と好位置をキープです。この3者の直接対局ですが、4~6戦に集中的に組まれています。3戦で行方が見えてくると思います。
佐藤康光九段、稲葉陽九段も2勝1敗と好スタートです。
1勝2敗が木村王位、佐藤天彦九段、三浦弘行九段、糸谷哲郎八段です。木村王位は連敗スタートだっただけに、片目が出てほっとしていると思います。
久保利明九段は3連敗と苦しいスタートです。各棋戦での活躍を思えば信じられませんが、これがA級だと思います。
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第60期王位戦第7局(豊島将之王位VS木村一基九段) [将棋]

炎の10番勝負、いよいよ最終章です。

【王位戦中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/oui/

王位戦7番勝負と竜王戦挑戦者決定戦3番勝負。合わせて10番勝負ですが、指し盛りの豊島名人相手に本当にフルセットになると予想したひとは少ないと思います。
それが竜王戦挑戦者決定戦では敗れはしたもののフルセットに持ち込み、王位戦でもついにフルセットに持ち込みました。
木村一基九段のタイトル挑戦は今回で8回目です。
タイトル獲得なしの7回敗退は単独1位の記録であり、タイトル獲得がないままタイトル戦通算13勝も断トツの1位です。また勝てば初タイトルとなる対局が9局目となることも1位です。
最終戦で負けるとただでさえ断トツの1位だった記録を、さらに伸ばすことになります。
仮に木村九段が初タイトルを獲得すると、46歳での初戴冠という従前の記録を9歳上回る断トツの1位となります。
8回目での初戴冠ももちろん1位です。
木村九段は軽妙な語り口から人気が高く、全棋士中でもトップクラスの人気を誇ります。
タイトル獲得がないのにここまでの人気というのは、その実力もさることながら、やはり人柄なのかな、と思います。
様々な記録がかかっているだけに、豊島王位にとってはアウェーのような将棋になるかもしれません。
さあ、炎の10番勝負もいよいよ最終局です。運命の調べはどのような音楽を奏でるのでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/60/oui201909250101.html

ということで将棋です。
運命の振り駒の結果は、豊島王位の先手と決まりました。
となると、この大勝負、十八番の角換わりで決まりです。お互いに予想している戦型に対して、豊島王位がどのような準備をしているかですが、4六角打~7七同玉の組み合わせを披露します。
実戦では初ですが、水面下で研究が進められている形だそうです。
木村九段は初見なのか苦悩し、消費時間に3時間もの差がつきます。
豊島王位はリードした持ち時間を中盤の難所で惜しみなくつぎ込み、二日目の昼休憩明けには逆に木村九段が1時間リードします。
豊島王位が攻める展開でしたが、5一飛車から5二飛車が上手い受けで、局面は互角ながら木村九段が力を出せる展開となります。
豊島王位は垂れ歩で攻めの継続を図りますが、打って成って引いての間に木村九段が反撃に出ます。
豊島王位もわなを仕掛け、一手間違えると逆転する局面が続きますが、木村九段は間違えません。
110手まで後手番を跳ね返した木村九段が勝利し、シリーズ4勝3敗で悲願の初タイトルを獲得しました。
同時に、有吉九段の持つ最年長初タイトル獲得の記録を37歳6カ月から46歳3カ月に塗り替えました。この記録は、2位との差を考えると、空前絶後となる可能性が高いです。
木村王位爆誕です。

木村王位おめでとうございます!

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第27期銀河戦決勝(豊島将之名人VS渡辺明三冠) [将棋]

いま一番の注目カードが決勝となりました。

【主催者HP】
http://www.igoshogi.net/shogi/ginga/index.html

いま将棋界で一番強いのは渡辺三冠です。今季の勝率は、トップ棋士としては異例の8割越えで、ある1名の棋士からしか負けていません。
その最強の渡辺三冠に唯一土をつけた棋士が、豊島名人です。
棋聖戦でこそ破れましたが、王座戦、竜王戦のトーナメントでは渡辺三冠を破っています。
渡辺三冠が押し気味のカードですが、ワンマッチならわかりません。
元に今季7戦して3勝4敗と互角の勝負を演じています。
銀河戦決勝戦が、今シーズン8度目の対戦です。
さあ、今年一番のゴールデンカードの結果はどうなったでしょうか!

【棋譜】
http://www.igoshogi.net/shogi/ginga/kifu.html?kifu=g27K0401

といういことで将棋です。
先手渡辺三冠で角換わり模様となりますが、渡辺三冠が角交換を拒否して雁木に組みます。
雁木は基本的には後手番の作戦なので、かなり意表を付きます。豊島名人の研究を警戒したのかもしれません。
しかし、先手の利を活かすような展開にはならず、渡辺三冠から仕掛けたものの逆に攻め駒を責められる展開となります。
渡辺三冠からしたら不本意だと思います。
終盤に猛追し、評価値は互角から一瞬だけ先手優勢まで盛り返しますが、143手目の8五歩が敗着だったようです。
ここで手を戻され、攻めの要である金を取られると寄付きがありません。
以降166手までの熱戦となりますが、豊島名人が勝ちきって、嬉しい銀河戦初優勝となりました。

豊島銀河おめでとうございます!
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー