SSブログ
前の10件 | -

第93期ヒューリック杯棋聖戦第3局(藤井棋聖VS永瀬拓矢王座) [将棋]

藤井棋聖の1勝1敗で迎えた第3局です。

〔中継サイト〕
http://live.shogi.or.jp/kisei/

藤井棋聖のことを良く知る永瀬王座は、藤井棋聖について「99勝より1敗を考える」という主旨のことを話しています。
いくら勝っても反省することを忘れず、さらに力を伸ばしていく。そういう藤井棋聖のストイックさが浮かび上がっています。
自作PCを組み立てることでも有名で、最強スペックのマシンでさらに研究を深めていく。
ただ、棋譜を見ると序盤研究で勝つというより、ねじり合いこそ本領発揮のように見えます。AI式の大局観が優れているように見えます。
永瀬王座も研究家ですが、VSも重視しています。
その結果、藤井棋聖はまっすぐに勝ちを目指すのに対し、永瀬王座は回り道でも負けない将棋になったのかなと思います。
将棋の真理を求める藤井棋聖と、対人戦で鍛えた負けない将棋の永瀬王座との対決は、どうなったでしょうか!

〔棋譜〕
http://live.shogi.or.jp/kisei/kifu/93/kisei202207040101.html

ということで、将棋です。
第1局と同じく角換わり腰掛け銀となりますが、先に手を変えたのは勝った永瀬王座です。
4五桂馬に2二銀ではなく、4四銀と出ます。
「この手順も研究していますよ」との宣言ですが、そこは藤井棋聖も同じで午前中から局面がグイグイ進みます。
特に角を切って8四に金を打つ手など、初見では打てそうにありません。それをノータイムです。
先に長考に入ったのは、永瀬王座でした。73手目の2二歩に手が止まります。
そして、当たりになっている桂馬を3三桂馬とぶつけていきますが、結果的に危険な手だったようです。
そこから藤井棋聖は3連続で慎重に長考すると、ずっと当たりになっていた角をちぎって踏み込んでいきます。
88手目の局面を見ると、8四の金が空を切っており、3筋も壁形で後手が辛いです。
永瀬王座も早逃げで寿命を延ばすと、先手玉に迫ります。しかし、戦力不足で、入玉含みで逃げられるとつかりません。
永瀬王座が形を作ると、最後は藤井棋聖がきっりち後手玉を詰まして、これで白星をひとつ先行させるとともに3連覇まであと1勝と迫りました。

棋聖戦第4局は、7月17日に名古屋市「亀岳林 万松寺」で行われます!
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【将棋ウォーズ】6月の対局結果 [将棋]


10分 8局対戦して、5勝3敗の勝率0.625でした。(初段)
10秒 33局対戦して、15勝18敗の勝率0.454でした。(初段)

〔将棋ウォーズ〕
https://shogiwars.heroz.jp/

10分と3分は初段に到達したので、今度は10秒で初段を目指します。
ですが、すごい勢いで負け続けて、なかなか級位が上がっていかない。
悪戦苦闘しながら、ようやく初段に到達しました。
10分、3分、10秒で10秒が最も勝率が悪いのに、なぜか達成率は一番高いです。
相手が二段になると急に勝率が落ちるので、そのあたりの壁を突破できれば10秒で二段も見えてくるかな、という感じです。
来月も10秒を続けようかな、と思う今日のこのごろ。

後手番の角換りが苦手なので、それを避けるために坂田流向かい飛車を愛用しています。
ですが、やはり金が最前線に立つ形は勝ちにくいです。
これは後手番角換わりをなんとかしないとなあ。
なにか、自分に合う形はないものか。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第5回ABEMAトーナメント【予選Dリーグ】 [将棋]

【Dリーグ】※左の記号は自分の優勝予想です
 チーム康光(佐藤康光九段・郷田真隆九段・先崎学九段)
△チーム天彦(佐藤天彦九段・梶浦宏孝七段・佐々木大地六段)
 チーム稲葉(稲葉陽八段・服部慎一郎四段・出口若武六段)

最初に放送されたのはチーム康光とチーム天彦。
チーム康光は、郷田九段が若手相手に3連勝の快挙を達成するも、チームとしては4-5の敗戦。劣勢でも勝負手で逆転していく勝負術が光りました。
ちなみに佐藤天九段・先崎九段戦でフィッシャーにもかかわらず佐藤天九段が中座して、なぜか先崎九段が動揺するシーンが少し面白かったり。
次の放送はチーム天彦とチーム稲葉。
佐藤天九段がいきなりの連投で連勝してペースをつかむと、一時期は同星になるも梶浦七段、佐々木大七段もそれぞれ勝利を挙げての5-2の完勝です。
最後はチーム佐藤とチーム稲葉です。
第1局で先崎九段が稲葉八段相手に大奮闘してあと一歩のところまで追い込みますが、詰みを逃しての痛い敗戦。そこから服部四段の3連勝もあり、5-0と一方的なスコアでチーム稲葉が勝利しました。
一瞬のすきを突く若手の反射神経の良さが目立ちました。
これで決勝進出はチーム天彦とチーム稲葉です。
来週からはEリーグが始まります!
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【SS】齊藤想『白絵』 [自作ショートショート]

Yomebaの第17回ショートショートコンテストに応募した作品です。
テーマは「絵」です。

―――――

『古絵』 齊藤想

 不思議な画廊だった。看板もなければ絵も飾っていない。ホームページもなければ電話帳にも載っていない。繁華街の裏路地に位置しており、まるで世間に知られるのを拒否しているかのような店だった。
 長年、美術評論家を続けてきた行平美佐子も、初めて知る店だった。
 美佐子が画廊の入口を開けると、奥の絵をみていたらしい店主らしい老人が慌てた様子で出てきた。油絵の具のにおいが店中に漂っている。
 その店主は、来店した美佐子に、いきなりこう言った。
「ここに売り物はないんで」
 美佐子は驚いた。
「けど、画廊でしょ? カバーがかけられた絵が重ねて立てかけてあるのが見えるもの。申し遅れましたが、私はこういうものです」
 美佐子は美術評論家と有名美術雑誌の編集長の肩書が書かれた名刺を差し出した。この業界にいればだれもが知っているはずだが、店主は首を傾げた。
 どこまでも浮世離れした店らしい。
「私は評論家です。絵を拝見するぐらいはよいでしょう」
 美佐子は直感した。こういう店には逸品が眠っていることが多い。隠すということは、表に出したくない絵があるのだ。
「ちょっと、困ります」
「困る理由が分かりません。もしかして、盗品を隠しているのですか。盗品と知って取引をすると、あなたも厳罰に処せられますよ。疑われるだけ損ではありませんか」
 美佐子の脅し文句に、店主が一瞬とまどった。専門家といはいえ、すべての盗品を把握しているわけではない。中には見落としもある。盗品と知っていても、絵の魅力に負けて手を出してしまうこともある。
「安心してください。私は警察ではありませんので、素直に見せてくれれば告げ口はしません」
 美佐子には予感があった。先ほどまで店主が眺めていた一番奥の絵。そこにお宝が眠っている。だれにも奪われたくない。だから、ひた隠しにしているのだ。この店は道楽か何かなのだろう。そういう店を、美佐子は何軒か知っている。
 いずれの店も、世には出ていない、素晴らしい絵画を抱えている。税金対策のために、画廊という形をとっているだけなのだ。
「お客さん、お客さん」
 美佐子は突入すると、店主が追いつく前に絵にかけられていたカバーをはぎ取った。そこには、見たこともない絵がおかれていた。
 一言でいえば、純白に包まれた絵だった。思わず、美佐子は感嘆の声を上げた。
 その絵には、妙な魅力があった。
 構図は単純だ。雪が積もる海岸線に、巨大な積乱雲が描かれている。しかも作者の工夫なのか、雲と雪が立体的に描かれており、キラキラと輝く白い絵の具がまるで石膏像のように盛り上げられている。
 この光と造形による立体感が、無名作家の絵に力を与えている。
 重層的な絵を保護するためか、額縁も大型で、表面はアクリル板で厳重に保護されている。それだけ、この絵に高い価値がつけられている証拠だった。
「この絵は誰の筆になるのですか」
 店主は困ったような表情をした。
「よく分かりません。仲間から買い取っただけですから」
「あなたのお仲間は絵を見る力があるわ。この絵を見ていると、実に気持ちよくなります。まるで春の草原を駆け抜けているような爽快さというか」
 美佐子はこの絵が醸し出す空気を力いっぱい吸い込んだ。美佐子は次から次へとカバーをはぎ取った。周辺にある絵は同一作家のシリーズ物なのか、同じように雪と雲をテーマにした作品が重ねられていた。いずれも、絵の具を盛ったような極端な重ね塗りが特徴だった。
「実はその絵には先約がいまして……」
「これだけ素晴らしい絵なら買い手がいて当然だわ。けど、これだけあるのだから、1枚ぐらい残っているでしょう」
「それが全部……売約済みの札を付けておくべきでした。作者が目立つのを極端に嫌がるので、あまり札をつけるのもなんだかと思いまして」
 美佐子は絵の署名を見た。殴り書きのようで、何語か判断付かない。少なくとも英語圏ではなさそうだ。
「この絵を見ているだけで、創作意欲が湧いてきます。いろいろなアイデアが生まれてきます。こんな不思議な力の持った絵は初めてです」
「もうよろしいですかね。見ての通り盗品ではありませんから」
 店主は、黙々と美佐子がはぎ取ったカバーを戻し続けた。特注品なのか、ずいぶんと分厚いカバーだった。扱いも丁寧だ。店主の絵に対する思いに、美佐子は胸が熱くなった。
「私はあなたの素晴らしい眼力に感嘆しました。一緒に仕事をしませんか。この絵の作者を大々的に売り出しましょう。作者が目立つのがお嫌いな方なら、バンクシーのような覆面画家でもよいではありませんか」
 美佐子はこの業界では名が知られている。その美佐子からの提案が断られるわけがないと思ったが、店主からの返事はつれなかった。
「私は一人で仕事をするのが性にあっています。ひっそりと商売を続けたいのです。この絵は特定の人にしかお譲りいたしません。気が済んだのなら、もうお帰りください」
 店主は最後までかたくなだった。

 美佐子を追い出した後、店主は密かにアクリル板を少しずらした。この上なくいい匂いが漂ってくる。
 この白色のために人生をかけてきた。この上なく素晴らしい商品だ。だが、そろそろ店じまいの時期かもしれない。新しい取引方法を考えなくてはならない。
 店主は匂いを十分に堪能し、うっとりしてから、商売相手に連絡した。
「おい、早くヘロインを引き取りに来い。お前が五分遅れたせいで、変な客が舞い込んできたじゃないか」

―――――

この作品を題材として、創作に役立つミニ知識をメルマガで公開しています。
無料ですので、ぜひとも登録を!

【サイトーマガジン】
https://www.arasuji.com/mailmagazine.html
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:

【掌編】齊藤想『ウソの世界』 [自作ショートショート]

小説でもどうぞ第8回に応募した作品です。
ありがたいことに佳作に選ばれました。
テーマは「うそ」です。

【該当ページ】
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/oubo/douzo/douzo08/douzo08_a8.html

―――――

『ウソの世界』 齊藤想

 六つ下の弟は、だれでも分かるようなウソをつく。
 小学校の遠足で動物園のヤギに服を食べられて裸になったとか、バス停留所に告白されて標識が後をつけてくるとか、本当にバカバカしいウソだ。
 ウソだけならいいのだが、ヤギの話のときは本当に裸になって帰宅してくるし、バス停留所のときも必死になって標識を回しながら動かしているからタチが悪い。
 「夢の中でお告げがあった」と言い出して宗教を開こうとしたときは、家族中で大騒ぎになったものだ。
 父がたしなめても弟は聞く耳をもたない。それどころか、胸を張ってこう答える。
「大きなことをなしとげるには、ウソが必要なんだ。いまからウソの技術を磨くんだ」
 父は首をかしげる。
「ウソが必要な仕事とはなんだ。小説家や漫画家にでもなるつもりか。それとも流行りのYouTuberか」
 母親も心配でたまらないようだ。
「あんたはお笑い芸人にでもなるつもりなの? まさか、詐欺師にはならないと信じているけど……」
 ぼくも調子を合わせる。
「アメリカのジョークなら、弁護士や政治家というオチなんだけどな」
 弟はキッと目を剥いた。
「そんな下らない目的のために、ぼくはウソを磨いているわけじゃない。ぼくの夢は、壮大で、もっと大きいものだ」
 弟は顔を真っ赤にして反論している。だが、そもそもどうしようもないウソばかりなので、説得力がまるでない。
 日を追うごとに、弟のウソは悪化した。
 「鳥のフンには増毛効果がある」と主張して、校長先生の頭に鳥小屋から持ってきたフンを塗りたくろうとした。
 別の日には「ぼくはタカの生まれ変わりだ」と主張して、チャチな羽を付けて校舎の屋上から飛び降りようとした。
 もちろん、先生どころか警察まで出動する大騒ぎになった。
 両親は学校に謝罪するために職員室まで足を運んだ。ところが、教頭先生からあっさりとこう言われた。
「そんな生徒はうちにはいません」
 両親は名簿を何度も見返した。弟の名前はどこにもない。
 家に帰って、父は弟を問い詰めた。
「お前はどこの小学校に通っているんだ。勝手に学校を変えるな」
 弟はさらりと答える。
「おれ、小学生じゃないし。さらに言えば、この家の子供でもないし」
「わけわからないことを言な。ウソもたいがいにしないと、本気で怒るぞ」
「怒るも何も、それが真実なのさ。つまり、ぼくの存在自体がウソということ」
 混乱する両親を脇において、ぼくは口を挟んだ。
「そのこと自体も、ウソなんだろ?」
 弟はにやりとした。
「ウソには法則があるんだ。この世にひとつウソが生まれると、新しいウソがもうひとつ生まれる。ウソは無限に増えていくんだ。ウソは寂しがりやだからね」
 弟はカーテンを開けた。闇夜に月が浮かんでいる。星は見えない。
「ウソの世界は自由だよ。架空の真実なんかに縛られる必要がないからね」
 弟はベランダに出た。ここはマンションの七階だ。夜風が室内に流れ込んでくる。弟は手すりに足を掛けた。
「何を考えているんだ!」
「自殺なんて止めて。お母さんが悪かったのなら謝るから」
 青白い顔が振り返る。
「大したことないよ。新しい世界に旅立つだけだから」
「それがウソの世界ということか」
「それはどうかな。じゃあね、真実の奴隷さん」
 躊躇することなく、弟は手すりを蹴った。

 その日を境に、弟の姿は完全に消えた。死体はどこにもなかった。警察には相手にされず、住民票にも弟の名前はなかった。
 弟は本当にウソの世界へと飛び立ったのだろうか。しばらくすると、両親はまるで最初から弟などいなかったかのように、いつも通りの生活を始めた。弟とのことを聞いても首をひねるばかりだ。
 弟が使い続けた机が、いまはただの物置になっている。机が二つあることに、両親は疑問を持たない。
 ぼくが朝食を食べていると、ふと、弟の名前が思い出せないことに気が付いた。
 弟だけでなく、自分自身の名前も。

―――――

この作品を題材として、創作に役立つミニ知識をメルマガで公開しています。
無料ですので、ぜひとも登録を!

【サイトーマガジン】
https://www.arasuji.com/mailmagazine.html
nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:

【書評】山川健一『「空海」の向こう側へ~現世を生き抜くための密教のすすめ~』 [書評・映画評(DVD含)]

著者が感じる空海とのつながりです。


「空海」の向こう側へ 現世を生き抜くための密教のすすめ [ソフトバンク新書]

「空海」の向こう側へ 現世を生き抜くための密教のすすめ [ソフトバンク新書]

  • 作者: 山川 健一
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2007/05/16
  • メディア: 新書



著者は小説家であり、ロッカーであり、過去にはドラッグに浸った時期もありました。
そうした著者が仏教系の幼稚園に通ってきたこともあり、身近に感じ続けてきた空海。海外での経験などを経て、空海に親近感を覚えていきます。
そうした魂の遍歴をつづったバイブルです。
もちろん空海や密教についての解説もありますが、本人も専門家ではないと断っていますし、大胆な仮説もあります。
ですが、専門家ではないからこそ、普通の読者のすっと入り込む言葉があります。
「無理をせずありのままに生きよう」という考えに強く惹かれます。

密教をもっと身近に感じたいひとのために!
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:

第63期王位戦第1局(藤井聡太王位VS豊島将之九段) [将棋]

豊島九段が昨年度のリベンジに挑みます。

〔中継サイト〕
http://live.shogi.or.jp/oui/

一時期、豊島九段は藤井王位の天敵・ラスボスと言われていました。
初対戦から6連勝し、しばらくは対戦成績もリードしていました。
ところが叡王戦を2―3で落とし、王位戦も初戦の白星から4連敗。続く竜王戦でも4連敗を喫し、これでタイトル戦8連敗という信じられない星勘定となりました。
藤井王位は王将戦でも、渡辺名人を相手に4連勝を達成し、二日制は手が付けられない状態です。
もし藤井王位がタイトルを奪われるとしたら、最右翼はやはり豊島九段だと思います。
深い研究に、だれよりも藤井王位相手に白星を重ねてきた実績。無冠になってから初のタイトル挑戦なので、大舞台への思いはひときわだと思います。
さあ、王位戦の開幕局は、どのような結果になったでしょうか!

〔棋譜〕
http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/63/oui202206280101.html

ということで、将棋です。
先手は豊島九段となり、得意の角換り腰掛銀と進みます。
研究勝負に持ち込みやすく、おそらく、対藤井戦を考えると最も期待値が高い戦型だと思います。
今回ですが、後手は待機戦術ではなく、2二玉と入城してから単騎の桂馬で攻める積極策です。
初期配置から動かない8二飛、6一金も珍しい仕掛けと思っていましたが、お互いに極端な長考もなく、研究範囲であることが伺わせます。
しかも1日目の午前中で豊島九段は歩頭桂を出し、ここで藤井王位は初めて長考に沈みます。
ここから藤井王位は手将棋ですが、豊島九段は止まりません。
渡辺名人によると、75手目の局面まで研究しているのは「普通」だそうです。恐ろしい時代です。
局面はずっと均衡が保たれていますが、評価値が動いたのは藤井王位の84手目です。一気に先手優勢に振れます。
ようやく研究から外れたのか、豊島九段は2時間を超える長考に沈みます。そして、見事に最善手を選択し、優勢を確かなものにします。
最後の長考は101手目の60分です。ここで勝ちを読み切ったと思います。
最後に113手目に18分の確認を入れて、即詰みに打ち取りました。
これで豊島九段はタイトル戦での連敗を止めると同時に、無敵状態だった2日制の藤井王位の快進撃もストップしました。
大きな1勝だと思います。

第2局は、7月13日、14日に北海道札幌市「ぬくもりの宿ふる川」で行われます!

nice!(5)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【公募情報】韓日交流作文コンテスト2022(随筆他・8/21〆) [公募情報]

駐日韓国文化院の主催です。

〔主催者HP〕
https://www.koreanculture.jp/info_news_view.php?number=7174

主催者HPに「次世代を担う両国の子供から一般の方まで幅広い方々を対象に、互いへの想いを伝え合い、新しい「絆」作りのためのエッセイ、川柳・俳句、韓国旅行記を募集します」とあります。
部門はエッセイ、川柳、韓国旅行記と3つもあり、しかも日本語部門と韓国語部門があります。
つまり、韓国語で川柳を応募することも可能です。
エッセイにはテーマが決められており、5つもあります。
詳細は主催者HPで確認してください。応募締切は令和4年8月21日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:随筆、川柳、旅行記
テーマ :主催者HP参照
制限文字数:随筆、旅行記800~1200字
最優秀賞:日韓往復旅行券、DVD
応募締切:令和4年8月21日
応募方法:郵送、メール
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:

創作状況【6月下旬】 [公募情報]

参議院選挙が公示されましたね。いよいよ選挙戦です。

【第177回のメュー】
◆公募分析 第18回坊っちゃん文学賞
◆小説でもどうぞ!に挑戦中(第7回)
◆おまけのもう1作
◆公募情報数点

 来月のテーマは坊ちゃん文学賞の傾向と対策です。
 次回発行は7月5日です。メルマガは無料なので、ドンドン登録してください!
 https://www.arasuji.com/mailmagazine.html
 ※ページの下の方に登録フォームがあります。

【ショートショートガーデン】
生物シリーズの第2弾です。シュール系ということで。
〔アリクイの話〕
https://short-short.garden/S-uCTsPZ

【小説でもどうぞ】
二つ目を書き終えたので、応募する。たぶん、第2作の方が出来が良い。ちょっと性的な話がでてくるので、そのあたりがどうか。
この2作目ですが、初稿を完全に捨てて、いつから書き直しています。
いつもはボツ作品は削除してしまうのだが、メルマガのネタとして面白そうなので、ボツ作品も残してそのうちブログにUPします。
このぐらい変えるよ~というひとつの例として。
来月は「休暇」ですか。どうしようかなあ。

[あらすじの森]
https://mori.arasuji.com/


【yomeba!】
第19回「ゲーム」も投稿しました。これ、ショートショートじゃなくて掌編だなあ。アイデアもいまひとつだし。
ということで、もう1作つくる。さっそく、あらすじの森の新機能、『動詞と場所と助詞』にトライする。
出てきたワードが「公園 カタツムリ ほど」だったかな。助詞があやふや。
このワードに、様々な技術を加えて、形にするみたいな。
アイデアの引き出すきっかけとして、この機能は有益だと思います。
推敲に苦労して投稿したが、明らかにテーマ「ゲーム」からズレている。
ダメですねえ、いろいろと。

【星新一賞】
第9回星新一賞受賞作品を順番に読んでいます。

・図書カード賞 『あなたはそこにいますか』 葦沢かもめ
AIが作成した小説を校正するアルバイトに採用された女子大生の話です。
まず、作家のプロフィールに驚きました。なんとAIと一緒に3週間で101編の作品を書いたそうです。
オリジナルプログラムと思われますが、作中のAIと仕組みは同じなのでしょう。自動学習の技術が進み、かなりのレベルまで作成が可能なのかな、という気がします。
そのうち、人間はAIの産み出した小説を選ぶだけ、となるかもしれません。
作品についてですが、小説を木に見立てて、剪定をするイメージが鮮烈です。言葉のセンスがあると思います。
主人公はAIに意識があるのではないかと疑い、いろいろと試します。その結果、職場から解雇されてしまうのですが、そこからの流れはやや強引かな。
ラストはメメント式ですが、よくまとまっていると思います。はい。

【坊っちゃん文学賞】
3つ応募する予定で、1作目を推敲する。
完全に星新一風で、星新一風としてはよくできている。自分の原点みたいな作品だけど、最近の流行りではないんだよなあ。
けど、好きだから応募します。次は2作目の推敲にとりかかります。

【その他モロモロ】
・第9回朝礼川柳に応募しようかな。締切は8月31日です。
・第18回台所・お風呂の川柳に4つ応募しました。10月中旬発表です。
・健康(セルメ)川柳で3つ応募。今回は勉強しました。8月下旬発表です。


nice!(5)  コメント(5) 

【公募情報】2022優駿エッセイ賞(随筆・8/12〆) [公募情報]

優駿は1941年創刊の競馬総合月刊誌です。

〔主催者HP〕
https://www.prcenter.jp/yushun/essay/_pdf/22essayForm.pdf

主催者はJRAです。
馬、競馬を題材にすればなんでもOKと、幅の広い公募です。
予選選考、最終選考ともに優駿で発表され、受賞すると誌面にも掲載されます。
大賞がグランプリ(GⅠ)となっているのも、競馬らしい遊び心満載です。
制限枚数は8~10枚。応募締め切りは令和4年8月12日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:随筆
テーマ :競馬、馬
グランプリ(GⅠ):賞金50万円
制限枚数:8~10枚
応募締切:令和4年8月12日
応募方法:郵送
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -