SSブログ
前の10件 | -

【公募情報】第10回いかなごのくぎ煮文学賞(短歌~随筆3/31〆) [公募情報]

ノンスタイルの珍しい公募です。

〔主催者HP〕
https://www.gogyofuku.co.jp/news/

主催者HPを見ると「俳句、短歌、川柳、詩、エッセイなど、スタイルは問いません。「くぎ煮」への〝熱い思い〟をお寄せください」とあります。
そのため、ジャンルは不問のようです。
小説が可かどうかは分かりませんが、「スタイルは問いません」をそのまま読み取ればありなのかもしれません。
ただその場合でもエッセイの字数制限が800字程度とあるので、原稿用紙2枚前後にする必要があるとは思います。
応募締切は令和3年3月31日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:スタイル不問
テーマ :くぎ煮
最優秀賞:2万円+珍味セット
応募締切:令和3年3月31日
応募方法:郵送、FAX、メール
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

第32期女流王位戦挑戦者決定リーグ戦最終一斉対局 [将棋]

白組が激戦です。

〔対戦表〕
https://www.shogi.or.jp/match/jo_oui/32/honsen.html

紅組は最終戦を前にして、4連勝の山根ことみ女流二段が優勝を決めています。
今期は絶好調で、2月13日時点で27勝8敗の勝率0.771、16連勝中と波に乗っています。
加藤桃子女流三段との直接対決を制したのも大きく、堂々たる成績だと思います。

白組は伊藤沙恵女流三段と本田小百合女流三段が3勝1敗で並んでいます。あと、2勝2敗の清水市代女流三段も可能性を残しています。
それぞれの最終戦の結果は
 伊藤沙恵女流三段 〇 ― ● 加藤 圭女流初段  
 本田小百合女流三段 〇 ― ● 清水市代女流七段  

伊藤女流三段は序盤の作戦勝ちから、持ち時間を2時間近く余しての快勝です。加藤女流初段は後手番ながら積極策を取りましたが、駒組の不備をとがめられてしまいました。
これで伊藤女流三段が女流王位戦挑戦者決定戦への進出が決まりました。
最後まで挑戦権の可能性を残していた本田女流三段と清水女流七段の戦いは、清水女流七段が後手番右玉ながら先攻していきましたが、玉の薄さで勝ちにくい展開となり、本田三段が勝利しました。
伊藤女流三段が敗れていてば挑戦権獲得でしたが、あと一歩、及びませんでした。

これで女流王位戦挑戦者決定戦は、伊藤沙恵女流三段と山根ことみ女流二段の組み合わせとなりました。
対戦日未定ですが、いまから楽しみです!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【書評】チャイナ・ミエヴィル『言語都市』 [書評・映画評(DVD含)]

ローカス賞を受賞した他、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、アーサー・C・クラーク賞、英国SF協会賞候補になった作品です。


言語都市 (新★ハヤカワ・SF・シリーズ)

言語都市 (新★ハヤカワ・SF・シリーズ)

  • 作者: チャイナ・ミエヴィル
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2013/02/26
  • メディア: 単行本



難解なSFで知られる著者の9作目にあたる長編です。
ストーリーは、人間には発音できない言語を持つ異星人との交流と社会の崩壊を描きますが、世界観が丁寧に語られることがないので、かなりチンプンカンプンです。
書評やら解説を読んで、ポイントで読み返して、ようやく雰囲気をつかめた感じです。
これぞまさに本格SFで、一般的な読者が読みこなすのはかなり難儀だと思います。
軽く楽しみながら本を読みたいという層にはハードルが高くて、おすすめできないかもです。
自分はちょっと無理気味でした。
ただ、これだけ多くの賞を受賞しているのですから、その方面の通にとっては、革新的で、たまらない作品なのだと思います。

本格的なSFを読みたいひとのために!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

【公募情報】第33回日本動物児童文学賞(児童文学・4/20〆) [公募情報]

主催者は日本獣医師会です。

〔主催者HP〕
http://nichiju.lin.gr.jp/aigo/bungaku01.html

各回の審査会の結果がUPされています。
これが本当に細かくて、ちょっと驚きます。
第30回の審査会を読むと、応募作品が104。1次審査をひとりの作家が担当していることに驚きです。
受賞理由を通読すると、動物愛護のメッセージ性を最重要視していることが分かります。
応募を考えているひとは、ぜひとも参考にしてみてください。
制限枚数は40枚以上60枚以内、応募締切は令和3年4月20日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:児童文学
テーマ :動物福祉・愛護(読者対象を学齢児童とする)
賞   :30万円
制限枚数:原稿用紙40枚~60枚
応募締切:令和3年4月20日
応募方法:メール、郵送

nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:

【書評】清水カルマ『カケラ女』 [書評・映画評(DVD含)]

2019年デビューの新人ホラー作家の3作目です。


カケラ女 (ディスカヴァー文庫)

カケラ女 (ディスカヴァー文庫)

  • 作者: 清水 カルマ
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: 文庫



1作目:『禁じられた遊び』ディスカヴァー文庫
2作目:『寄生リピート』幻冬舎文庫
ときて3作目はディスカヴァー文庫に戻ってきました。いずれもジャンルはホラーで、確実に地歩を固めている印象です。
本作の主人公は平凡な女子大生です。彼女が通う女子大にはアナウンサーや芸能人を輩出するミスコンがあります。
華やかな世界とは無縁と思っていた主人公ですが、ある偶然からミスコンの大本命であり、スクールカーストの最上位に君臨する女王の取り巻きグループに加わることになります。
陰の世界から陽の世界に引きずりだされた主人公。
そこから、主人公の暗転が始まります。
作品のテーマとしては復讐です。
多彩なキャラたちが持つ「憎しみ」「妬み」「欲望」といった負の感情が絡み合い、結果として復讐の念を凝縮させた「カケラ女」の跋扈を許してしまいます。
ホラーらしい怪物が暴れまわるシーンも見どころですが、その憎しみのエネルギーに飲み込まれていく主人公の悲しさも、印象に残りました。
陰から陽、陽から陰という場面の切り替えがうまいと思います。クライマックスも、陽と陰が重なり合います。
また、前半のシーンですが、女王のライバルだった女子学生が殺されるシーンも、ジワジワくる怖さがありました。
本書は著者のデビュー作である『禁じられた遊び』の続編のような部分がありますので、そちらに目を通してから本書を読むと、ラストの意味が分かると思います。

勢いのあるホラー作家の作品を読みたいひとのために!
nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:

第46期棋王戦第2局(渡辺明棋王VS糸谷哲郎八段) [将棋]

糸谷八段の先勝で迎えた第2局です。

〔主催者HP〕
http://live.shogi.or.jp/kiou/

糸谷八段が奨励会のときですが、将棋クラブ24でよく将棋を指していました。
そこでプロ入りしたばかりの渡辺棋王に目を付けられ、レーティングが下がってくると「糸谷狩り」と称して糸谷八段に対戦を申し込み、レーティングを回復していたそうです。
このときのことを渡辺棋王が「糸谷は絶対に対戦が断らないから」と述べていたのが印象的です。
その後、糸谷八段も奮起し、後半は互角に近くなったようです。
ですが、プロ入りしたあとの対戦成績を見ると、渡辺棋王が圧倒しており、この「糸谷狩り」のイメージが残っているのかもしれません。
ただ、棋王戦第1局は見事に逆転勝ちして、狩られる側から狩る側に回りました。
さあ糸谷八段は、第2局でも”狩る側”に回ることができたでしょうか!

〔棋譜〕
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/46/kiou202102200101.html

ということで、将棋です。
先手は糸谷八段で、角換わりとなりました。
糸谷八段は序盤で1筋の位を取り、得意の右玉へと構えます。後手渡辺棋王は先手が序盤で端に手をかけたのを見て、早繰銀から銀交換に成功します。
さてと糸谷八段は6二玉と上がりますが、この瞬間に渡辺棋王は端から逆襲します。
先手としてはせっかく広げた端から反撃されてはたまりません。
しかし、銀交換で駒のある後手からの攻めは厳しく、午前中から渡辺棋王優勢になります。
これは事前準備が成功した形です。
糸谷八段も2筋の歩の突き捨てから1二角と怪しい角を放ちますが、渡辺棋王は素直に局面をすすめ、そのまま90手まで渡辺棋王の快勝譜となりました。

第3局は3月7日(日)に新潟県新潟市「新潟グランドホテル」で行わます!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

最近の日常【令和3年2月下旬】 [日常]

〔ウサギが発情期で困っている話〕
うちのウサギが発情期を迎えたらしい。
やたらと嚙みついてくるし、すぐに足の甲に乗って腰を振りたがる。
ちょっと困ってサイトで調べてみると、なんとウサギは1年中発情可能らしい。
これは困った。
対処法としては去勢すれば収まるとあるが、それは可哀そうだしなあ、手術のリスクもあるし。
上下関係を教え込むという方法もあるみたいなので、噛みついてきたら抱っこするを繰り返しているところ。
いやあ、うちのウサギはまったく懲りませんなあ……。

〔どちらにしても後悔する話〕
とりあえず株を買ったとする。
 パターン1:その株が上がる
  → 「もっと買っておけばよかった」と後悔
 パターン2:その株が下がる。 
  → 「買わなければよかった」と後悔
ということで、株は買っても買わなくても後悔するような仕組みになっています(笑)
在宅勤務だと、どうしても株価が気になってしまう。
長期的に見れば、買い増す時期だとは思いますが、短期的には上下がありますから。
まあ、長い目で見る癖をつけないといけませんね、本当に。
早く日常に戻らないかなあ。

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

【公募情報】第1回更級日記千年紀文学賞(短編等・3/31〆) [公募情報]

市原市教育委員会が主催ですが、HPがよくまとまっています。

〔主催者HP〕
https://sarashina-sennenki.com/

更級日記は日本史の授業で必ず習うと思います。
作者は菅原孝標の娘で、寛仁4年(1020年)から書き起こし、康平2年(1059年)まで約40年にもおよぶ日記です。
この菅原孝標の娘が幼少期を過ごした市原市が、日記のスタートとなる1020年から1000年を記念して、新しい文学賞を開設することになりました。
一般の部と小中学生の部があり、それぞれ内容が異なります。
一般の部は小説、紀行文の募集で原稿用紙30枚以内、応募締切は令和3年3月31日です!

<募集要項抜粋・一般の部>
募集内容:短編小説・紀行文
テーマ :市原市の地名、行事、人物、自然、歴史等を取り入れること。
大  賞:賞金30万円
制限枚数:原稿用紙30枚内
応募締切:令和3年3月31日
応募方法:メール、郵送

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

創作状況【2月中旬】 [ぼくの公募状況]

緊急事態宣言の解除見送りは已む無しですかね。

【サイトーメルマガ第161回の内容紹介】
◆メルマガ読者の受賞報告~竹村式の川柳公募のコツについて~
◆創作に役に立つ書籍紹介 田丸雅智『恋子レンジ』
◆TO-BE小説工房に挑戦中(第71回)
◆公募情報数点
 来月は川柳公募のコツと、ショートショートにおける伏線の張り方の参考となる作品紹介の2本立てです。
 次回発行は3月5日です。メルマガは無料なので、ドンドン登録してください!
 
【ショートショートガーデン】
受講生からいただいたアイデアで書いた作品を、3週連続してUPします。

〔1作目:陽気な墓場〕
http://www.arasuji.com/saitomagazine.html


【TO-BE小説工房】
来月のテーマ「本」で作品を書く。最初、ホラーにする予定がSFになってしまう。
あいかわらず文章が下手で、一度書いてからまた冒頭から書き直す。
下手な原因は、物語の軸が定まらずに手を付け始めているというのもあるのだが、どうもそれだけではないような気がする。
もっと、根本的な何かが崩れているような気が。

【SSスタジアム】
次回のテーマ待ちなので、入選作を読む。
「実家への旅行」というアイデア的には目的の変化ですね。
旅行は「日常空間とは異なる場所」に行くものですが、それをあえて実家にする。
このオチは嫌いではないです。

【星新一賞】
気が向いたら新しいアイデアにとりかかりるということで。

【創元SF短編賞】
次回応募予定作は完成済み(締切を間違えて応募できなかっただけですが)なので、しばらくお休みです。

【坊ちゃん文学賞と恐怖の扉百物語】
3つめとして、4.「不吉」を書く。悪戦苦闘した上に、4枚半と、制限枚数5枚以内からするとやや短い。せめてあと5行は増やさないとと思いつつ。

【福島正実SF童話賞&講談社児童文学賞】
気がむいたらブラッシュアップした作品を講談社児童文学賞に出したいけど、暇がない感じ。

【ゆきのまち幻想文学賞】
ひたすら結果待ちです。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

【公募情報】第6回半空文学賞(掌編・4/30〆) [公募情報]

高松市にある喫茶店が発祥です。

〔主催者HP〕
https://www.nakazora-award.com/6th

主催者HPに半空文学賞の歩みがつづられています。
個人で始めた賞のようですが、今回はラジオ局の後援があります。
テーマはもちろん「ラジオ」で賞金はありませんがラジオで朗読され、作品は冊子となり無料配布されます。
制限枚数がA4用紙片面1枚というのが面白いです。
応募締切は令和3年4月30日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:オールジャンル
テーマ :ラジオ
入  賞:ラジオでの朗読、冊子化されて無料配布
制限枚数:A4用紙片面1枚
応募締切:令和3年4月30日
応募方法:郵送
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -