SSブログ

創作状況【4月中旬】 [ぼくの公募状況]

ムツゴロウさんが亡くなりました。子供のころ、夢中でTVを見ていたので寂しさもひとしおです。

【第187回のメュー】
◆こんな公募に応募しました(第19回坊ちゃん文学賞の巻)
◆小説でもどうぞ!に挑戦中(第18回)
◆おまけのもう1作
◆公募情報数点
 今回の技は遠回しに伝えるテクニックです。
 次回発行は5月5日です。メルマガは無料なので、ドンドン登録してください!
https://www.arasuji.com/mailmagazine/saitomagazine/


【ショートショートガーデン】
今月の小説でもどうぞ「学校」のボツネタです。
〔秘書地〕
https://short-short.garden/S-uCTuJy


【小説でもどうぞ】
4月テーマ「学校」の1作目を推敲する。多少オーバーしたのと調整する。あとは文章の修正をするぐらい。
まあ、こんなもんかなと。
2作目もアイデアはあるけど、いまだに手を付けていない。どうしようかなあ。
W選考委員版は次回は「魔法」ですね。いろいろな魔法がありそです。


【yomeba!】
結果と次の公募待ちです。
次回はもうちょっとじっくり考えます……。


【星新一賞】
第10回受賞作を順番に読んでいきます。
・アマダ賞『五億年越しのパートナーシップ』亀山建太郎
植物が意識を持ち、その植物が手足としてドローンを動かすという発想が楽しいSF短編です。冒頭の描写が巧みなので、すっと物語に入っていけます。ユーモアもあります。
ラストの植物が地上に進出してきたときの気持ちを聞くシーンは、示唆に富みます。これをメインにしても良かったかもですね。
全体的なバランスがよい作品だと思います。


【坊っちゃん文学賞】
第19回の受賞作を順番に読んでいきます。
・佳作『幻島』霜月透子
行けそうで行けない幻島の話です。
オチが上手いですね。細かい違和感が最後になって綺麗に解決します。これぞショートショートという感じの、良作だと思います。
難点は文章でしょうか。冒頭の幻島の描写が少なく、主人公が危険を冒しても幻島に行きたい理由も欠如しています。おそらくはバックグラウンドの不足だと思われます。
それぞれのキャライメージをもっと膨らませれば、さらによい作品になると感じました。


【NIIKEI文学賞】
締切は5月31日、制限文字数400~800字。
いま手元にある3作を軽く推敲する。無理して800字近くまで延ばすこともせず、自然体で推敲する。
ほんとうはもう1作アイデアがあるけど、作品化するのが難しい。オチが決まればなあという部分はあるのですが。
https://takeaction.blog.ss-blog.jp/2023-02-16-3


【ラストで君は「まさか!」と言う】
2作目に手を付け始めました。キャラクター重視と書かれているのに、擬人法の応用バージョンを書き始めてしまう。オチをどうしようかという部分がありますが。
制限文字数4000字、締切は5月31日です。
https://takeaction.blog.ss-blog.jp/2023-03-11


【ひらづみ文学賞】
創元SF短編で落選した作品を出す予定、ということで忘れないようにメモ。
リライトが必要ですが、締切が7月31日なので、まあ、ゆっくりと。
https://takeaction.blog.ss-blog.jp/2023-03-15-1


【超ショートショート】
2022受賞作はこちらから読めます。
https://www.ehime-np.co.jp/online/information/short_short/prize2022.html
・小学生高学年の部『対のすみか』北地菜々美<テーマ「老人ホーム」>
 言葉遊び系のアイデアですね。厳しい制限文字数にも関わらず、冒頭でわざわざ愛媛を持ち上げるシーンを入れるところ、大人レベルの忖度を感じます(笑)
 「対の部屋」のアイデアが楽しいところです。なるほどね、と。


【その他モロモロ】
・エコカレンダーの2句目を考えた。さえない。5月26日締切です。
・おーいお茶新俳句はツバメ3句で応募しました。楽しかった。10月下旬発表。
・SIer川柳は落選です。また次の募集が始まっていますね。
・第9回朝礼川柳は落選しました。後日、TOP100の発表もあるそうです。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。