SSブログ

大場鳩太郎さんが、ファミ通文庫からデビュー決定! [講座生徒の受賞報告!]

メルマガ読者の大場鳩太郎さんが、ファミ通文庫からデビューすることが決定しました!
大場さんの新刊は、4月新刊予定欄の上から二つ目にしっかりと掲載されていますので要チェックです!

―――

【ファミ通文庫・刊行予定】
http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/09yotei/09yotei.html

『迷宮都市のアンティークショップ』
著:大場鳩太郎 イラスト:ぎん太

―――

デビューのきっかけとしては、”小説家になろう”というサイトで連載していたところ、編集者の目に止まったとのことです。ショートショートのオムニバス形式にしたファンタジーものとのことで、これだけ聞いただけでも、どのような内容なのかとワクワクしてきます。
ショートショートのオムニバス形式というと、小説現代のショートショートコーナーの常連投稿者だった耳目さんも『通信制警察』という作品で推理小説新人賞(2009年)を受賞されました。
短編というか掌編ばかり書いてきた人間にとって、大場さんのデビューは、長編全盛のいまの小説界において、ショートショートのオムニバス形式という手法も広く受け入れられる日が近い証であると勝手に信じております(笑)

作品の詳細は、また後日紹介したいと思います。
大場さんおめでとうございます!
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0