SSブログ

死ぬ5分前(その1) [ツィッター風ショートショート]

ものは試しと、ツィッター風の小説を書いてみた。
制限文字数が140字というのは想像していた以上に厳しい。
それでも、ものは練習とばかりに、ときおり書いてみたいと思う。

ということで、第1弾です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『死ぬ5分前(その1)』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

死神からあと5分で死ぬと告げられた。
本当かどうか確かめようと、ネットで検索した。目の前に現れたのは眼鏡をかけた好青年だ。命を盗む雰囲気はない。
調べた結果、最近はよくある事例らしい。しかし、そこまでだった。あの青年が、すぐ隣に立っている。1秒たりとも、遅れることはなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このネタだといくらでも書けそうなので、シリーズ化してみようかな(笑)
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

せきた

140字は、もの凄いスピードで進行しますね。
「えっ。えっ。えぇぇぇぇぇ~!」
驚いていても、おわり。
構成がしっかりしているので、余韻もタップリです。

素晴らしい作品を有難うございました。
by せきた (2011-03-09 22:06) 

海野久実

死神からあと5分で死ぬと告げられた。
「それじゃあ、もしも5分で死ななかったとしたらどうしてくれる?」と、私は死神に聞いた。
死神が答える前に私は言った。
「あんたが間違ったとしたら永遠の命でも貰おうか?」
死神が笑いながら「いいともさ」と答えたので、私は拳銃を取り出して自分の頭を撃った。

僕がマンガを描くのをやめて何年かのブランクのあと、小説を書くきっかけになったのがツイッター小説でした。
でもなかなか難しくて。
こういう書き出しが同じシリーズだと結構いけるかもしれませんね。
自分なりになんか考えてみようかな。
今、ちょっと書く気をなくしてるので、何かのきっかけになればいいんですが。

星さんに「ノックの音がした」というのがありましたね。
by 海野久実 (2011-03-10 18:41) 

海野久実

死神からあと5分で死ぬと告げられた。
私はこう言う時のために開発していた装置の電源を入れた。
完全にウオームアップしないうちに、5分が過ぎそうだったので、私はスイッチを押した。
タイムマシンが私を運んだのはたったの5分過去だった。
目の前に黒づくめの死神が立っていた。死神からあと5分で…

なんか楽しくなってきました。
by 海野久実 (2011-03-10 18:57) 

サイトー

>せきたさん
140字だと極限まで削り込まないといけませんね。
ショートショートとはちょっと違った感覚ですので、せきたさんもぜひ。

>海野久実さん
死神ネタはショートショートの世界では出尽くした感があって、なかなか書きにくいのですが、ついのべだといろいろできそうです。
海野さんの作品はオチも決まっていて、素晴らしいです!
by サイトー (2011-03-11 05:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0