SSブログ

【映画】007/ムーンレイカー [映画評]

ついに007が宇宙に飛びだしてしまいます。


007/ムーンレイカー [Blu-ray]

007/ムーンレイカー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日: 2021/09/29
  • メディア: Blu-ray



本作の公開は1979年です。1977年に公開された『スター・ウォーズ』が大人気だったこともあり、SF設定になったようです。
さてさて映画ですが、空輸中のスペースシャトル「ムーンレイカー」がハイジャックされて盗まれるシーンから映画は始まります。
盗まれる理由は後で明かされますが、けっこう、しょうもないです。
007は呼び出されますが、そのときはプライベートジェットでイチャイチャしているところでしたが、これが刺客の罠でした。
空中に放り出され、ジョーズも現れ、敵のパラシュートを奪取して助かります。
ジョーズは墜落しますが、サーカスのテントに落ちて助かります。
あれこれ突っ込みたくなりますが、もう、ジョーズはこういうキャラなので。
007は「ムーン・レイカー」の消息を追うために、カルフォルニアに向かいます。
ここで「ムーン・レイカー」を制作したドラックスに聞き込みを行い、女性パイロットとイチャイチャして、金庫を秘密道具で開錠して中にある設計図の写真を撮ります。
ドラックスは007の殺害を指令しますが、失敗します。
今度はベニスに飛び、ここで表の顔はドラックスの研究者、裏の顔はCIAのエージェントであるボンドガール、グッドヘッドと合流します。
007はボートの襲撃から逃げます。しかもこのボートが水陸両用で、サン・マルコ広場を走り回ります。
歴史的建造物のある超有名観光地で、よく撮影できたなあと感嘆します。007のブランド力でしょうか。
その後、いろいろあって、ドラックスの真の目的は世界中に神経ガスをまき散らして人間を死滅させ、その間、宇宙に退避していた選ばれた人類だけで世界を作り替えることでした。
そして、ボンドたちはドラックスの後を追い、スぺ―シャトルに乗り込みます。
という感じの映画です。
前半はとても面白いです。
冒頭のスカイダイビングを始めとして、アクションもあれば秘密道具を使っての金庫破りシーンもあります。
カルフォルニアの大邸宅からベニスやリオデジャネイロに飛び、前作ほどではないにしても様々なロケを見せてくれます。
敵役のジョーズは前作に引き続きの登場で、もう、恐怖よりユーモア系になっています。
冒頭のシーンもさることながら、ゴンドラごと駅にたたきつけられても死にません。
その一方で、リオのカーニバルに巻き込まれて人波に抗しきれず、そのままどこかに連れ去られてしまうお人よしでもあります。
ジョーズですが、ゴンドラのシーンで身動きがとれないところを少女に助けられ、突如として恋に落ちます。
宇宙にも少女と仲良く旅立ちます。
けど、その宇宙でのシーンで、ドラックスの選民思想に自分が含まれてないことを悟り、007側に寝返ります。
ここがいいんですよね。ジョーズの人の好さはリオのカーニバルで証明済みなので、その伏線?がここで効いてくるみたいな。
そして、最後に自分の命を顧みることなく、007を助けて少女とともに宇宙に取り残されます……が、やはり不死身なので少女と一緒に助かります(笑)
いやもう、本作はジョーズのための映画といっても過言でも……いや、過言ですが、そんな気分です。
それで宇宙のシーンですが、宇宙空間でレーザー銃を撃ち合ったり、米軍が宇宙ステーションに乗り込んでレーザー銃を撃ちまくったり、スペースシャトルの先頭にレーザ銃が装備されていて神経ガスが含まれているカプセルを撃ち落したりと、もうムチャクチャです。
これも時代ですかねえ。
製作費は前作をさらにジャンプアップした31百万ドルですが、興行収入はジャンプアップとまでいかず2億10百万ドルとなりました。
ですが、当時の歴代最高を更新です。

荒唐無稽な007を楽しみたいひとのために!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

第65期王位戦第2局(藤井聡太王位VS渡辺明九段) [将棋]

藤井王位の先勝で迎えた第2局です。

〔中継サイト〕
http://live.shogi.or.jp/oui/

渡辺九段は何度か極端な不調からの復活を果たしています。
最初の転機は2017年度のA級順位戦からの陥落です。竜王戦でも羽生善治に敗れて棋王の1冠に後退し、勝率も5割を切りました。
そこから復活しての活躍が続きましたが、第2の不調期は昨年度だと思います。
最多敗を記録するなど黒星が目立ち、レーティングも一気に落ちてTOP10から陥落、王将戦リーグも1勝5敗と散々な成績でリーグ陥落です。
このままズルズルと落ちていくのかなと思っていたら、王位戦リーグ戦で白星を集めて、挑戦者決定戦でも斎藤慎太郎八段に勝ち、華麗にタイトル戦に戻ってきました。
第1局では敗れたものの後手番で千日手に持ち込み、指しなおし局で勝利目前まで藤井王位を追い詰めました。
さあ渡辺九段は、復活した姿をファンたちに見せることはできたでしょうか!

〔棋譜〕
http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/65/oui202407170101.html

ということで、将棋です。
先手渡辺九段の作戦は名人戦第1局の千日手指しなおし局の連載でした。
渡辺九段はこの作戦に鉱脈を発見したのかもしれません。
藤井名人も指しなおし局とは手を変えて、ただの歩を堂々と取ります。
手の広い局面が続くのでどこまで研究でカバーしているのかと思っていましたが、44手目の7四歩で渡辺九段の研究から外れたのかなと思います。
そこから先手の攻め、後手の守りですが、先手は桂頭の歩を剝がされているので、すぐにでもカウンターが飛んできそうです。
しかし、本局の渡辺九段は強かったです。
藤井王位が先手の動きを催促すべく2八歩と垂らしましたが、そこから一気に攻めにでます。
藤井王位の終盤力を恐れることなく、89手目に6五桂馬と跳ねるた局面が決め手だったと思います。
97手まで渡辺九段が快勝し、これで1勝1敗のタイとなりました。

第3局は7月30・31日に徳島県徳島市「渭水園」で行われます!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【書評】早坂隆『現代の職人~質を極める生き方、働き方~』 [書評]

ノンフィクションライターが、現代の伝統工芸の現場を歩きます。


現代の職人 質を極める生き方、働き方 (PHP新書)

現代の職人 質を極める生き方、働き方 (PHP新書)

  • 作者: 早坂 隆
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2019/04/17
  • メディア: 新書



取材対象は11件です。
「加賀友禅」「江戸切子」「南部杜氏」「魔鏡」「パイプ」「宮島彫り」「甲冑」「明珍火箸」「大島紬」「大堀相馬焼」「高千穂神楽面」です。
一部を除き、売上減や後継者難で悩んでいる伝統工芸が多いです。技術の伝承を大切にしながらも、商売として成り立たせる必要があり、また食える仕事でなければ次代に継げないという難しさがあります。
その中でも、「パイプ」「南部杜氏」は品質が世界的に評価され、「明珍火箸」は新たな商品を開発することで、次代へと繋いでいます。
他の伝統工芸でも、時代に合わせた新しい商品開発が進んでいます。
そうした伝統工芸のいまを、簡潔な文章でつづっています。

伝統工芸の現状を知りたいひとのために!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

【公募情報】第13回 54字の文学賞(短文・9/4〆) [公募情報]

54文字で勝負する文学賞です。

〔主催者HP〕
https://www.php.co.jp/news/2024/05/54bungaku13.php

54文字というのがポイントで、基本的には1字もあまらせずにピッタリ収める必要があります。
募集内容は基本的には小噺で、これは主催者HPの例を見ればすぐに理解できるかと思います。
過去の受賞作品も公開されているので、こちらも参考になると思います。
今回のお題は「学校・学生生活がテーマの物語」です。
募集締め切りは令和6年9月4日です!

〔募集要項抜粋〕
募集内容:短文
テーマ :学校・学生生活がテーマの物語
大  賞:10,000円分の図書カード
制限文字数:54字
応募締切:令和6年9月4日
応募方法:X、郵送
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

第4期ヒューリック杯白玲戦プレーオフ(福間香奈女流五冠VS伊藤沙恵女流四段) [将棋]

挑戦者決定はプレーオフにもつれ込みました。

〔主催者サイト〕
http://live.shogi.or.jp/hakurei/

白玲戦は今年で4期目ですが、リーグ戦になった第2期から第4期まで全勝で駆け抜けた女流棋士はいません。
今期のA級で福間女流五冠が7連勝と初の全勝まであと1歩に迫りましたが、それを最終戦で阻止したのが伊藤沙恵女流四段です。
この1勝は福間女流五冠の全勝を阻止するだけでなく、白玲戦の挑戦権獲得の希望を残す大きな1勝となりました。
対する福間女流五冠は、朝日オープンの一次予選で連勝するなどますます強さに磨きがかかっているように思います。
さあ伊藤女流四段は強敵福間女流五冠相手に、A級リーグ戦に続いて連勝して白玲戦の挑戦権を獲得できたでしょうか!

〔棋譜〕※「徹底解説!将棋の定跡」さんより
https://www.youtube.com/watch?v=jb4u9CGacFQ

ということで、将棋です。
先手番になった福間女流五冠は、まさに一本足打法という感じで、本局でもゴキ中を採用します。
これだけ同じ作戦を続けて、圧倒的な成績を残すのは驚異的です。それだけ地力が高いということだと思います。
伊藤女流四段は相振り飛車からじっくりとした駒組を志向しますが、福間女流五冠はガン無視して速攻を仕掛けます。
この速攻策がヒットして、評価値からすると先手優勢です。
しかし、先手玉は薄いので一発当たれば逆転です。
王手飛車取りをかけられますが、その手の反動で玉を深く囲い、安定した感じがします。
終盤に伊藤女流四段にもチャンスがあったようですが、終盤で再び突き放しての89手まで福間女流五冠の快勝です。
これで福間女流五冠が西山白玲への挑戦権を獲得しました。

第4期ヒューリック杯白玲戦は、8月31日東京都港区「グランドニッコー東京 台場」で開幕します!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

最近の日常【令和6年7月第3週】 [日常]

〔キリンのガラナの話〕
キリンのガラナは北海道限定販売の商品。
のはずですが、なぜか千葉県の地方都市の自動販売機で発見する。
その自動販売機に堂々と「北海道限定販売」と書いてある。
ここは千葉県ですが……。
で、なんとなく限定販売に引かれて購入する。少しクセがあって、コーラとドクターペッパーの中間といった感じでしょうか。
繰り返し飲むと、癖になりそうな味です。はい。


〔帰宅途中に靴を買った話〕
とつぜん、靴の底がはがれた。ベロンとなる状態。雨で濡れた影響もあったかもしれない。
慌てて仕事用の靴を買いに行く。
自分の条件は軽くて紐というだけ。紐に拘るのは、足の形に合わせて調整できるからです。
いまはすごく軽い靴が売っているんですね。
仕事から帰宅途中にイオンにより、靴を購入して履き替える。古い靴は店で処分してもらいました。
とても便利です。ありがたや。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【映画】007/私の愛したスパイ [映画評]

1977年公開の007シリーズ10作目で、製作費がジャンプアップです。


007/私を愛したスパイ [Blu-ray]

007/私を愛したスパイ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日: 2021/09/29
  • メディア: Blu-ray



映画の背景として、米ソの緊張緩和(デカント)が進んでいた時代です。
物語は英ソの潜水艦が突如として消失したことから始まります。冒頭に事件を持ってくるエンタメ映画の王道スタイルです。
緊急事態に対応するため、英ソの敏腕諜報員が呼び出されます。英国はもちろん007で、ソ連はボンドガールとなるトリプルXです。
007は呼び出し時に襲われ、敵諜報員のひとりを殺害しますが、これがトリプルXの恋人でした。
同時に潜水艦の位置を特定する装置の買取依頼が英国にきます。
007はカイロにとび、そこからイタリアの海洋学者までたどり着きます。
この海洋学者が黒幕で、狙いは核爆発を起こして地上を壊滅させて、夢の海中国家を建設することです。
いわば狂信者です。
米国の潜水艦に乗り、海洋学者が建設したタンカーに接近しますが、これが敵の罠でした。
タンカーは近づいた潜水艦の電子機器を麻痺させる能力があり、動力を喪失した潜水艦を捕獲する能力があります。
007とトリプルXは捕まりますが……というストーリーです。
製作費が前作より倍増した効果か、セットもしっかり作られており、ときおりミニチュアも挟みながらの映像が迫力満点で面白かったです。
敵の殺し屋を演じるのはリチャード・キールですが、218㎝の大男で、インパクトは十分です。ただ、動きがモサモサしているのが難点です。
ちなみにキャラ名はジョーズで、必殺技は鋼鉄の歯で噛みつくとなれば、もう、1975年公開のあの映画しか思いつきません(笑)
大作らしく見せ場はたくさんです。
エジプト・カイロとイタリア・サルディア島と旅するのはもとより、スキーでの追跡劇にヘリまで使ったカーチェイス、さらには潜水シーンと、エンタメ大作らしいサービス精神にあふれています。
Qの秘密兵器もいつも以上の大放出です。
また、エジプトの観光名所を出すためか、ルクソールのカルナック神殿や、アブシンベル神殿もでてきます。
特にアブシンベル神殿はほんの一瞬ですが、このために撮影したのかあと、贅沢な使い方です。
ストーリーとしてはいつもの活劇で、冒頭で007がトリプルXの恋人を殺しているのですが、それがあまり影響せず、最期にはボンドがトリプルXを助けてイチャイチャします。もうこの展開はお約束ということで。
製作費は前作の倍の14百万ドルで、興行成績も1億85百万ドルと倍になっています。

007シリーズの面白さが詰まった映画を楽しみたいひとのために!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

【書評】早坂隆『昭和史の声』 [書評]

著者が取材してきた「声」の総集編みたいな本です。


昭和史の声

昭和史の声

  • 作者: 早坂 隆
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2020/08/04
  • メディア: 単行本



すでにどこかに書いた内容の再録が多いです。
それだけに、話題は多岐に渡り、内容も凝縮されています。
パラオ、台湾、韓国といった日本統治下の話もあれば、シベリアを始めとする抑留の話もあります。
特攻隊、空襲と終戦、ソ連の侵攻、東京裁判もあります。
こうした本で大事なのは、忘れ去られてしまう小さな事件を掘り起こすことだと思っています。
東京裁判といえばA級が有名ですが、B級C級も酷い裁判が多く、心あたりがないどころが現場にもいないにも関わらず、有罪判決を受け、次々と処刑されました。
奇跡的に助かった元受刑者の話には、この裁判の酷さが凝縮されています。
シベリア抑留は有名ですが、カザフスタンやモンゴルにも抑留されました。
こうした消え去りつつある事実、体験者たちの声を収集・保存していくことは大事なことだと思います。

昭和史の声を聞きたい人のために!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

【SS】齊藤想『不適切課』 [自作ショートショート]

本作は第33回小説でもどうぞに応募した作品です。
テーマは「不適切」でした。

アイデアとしては組み合わせ法で、いかにもふざけた感じの「不適切」という言葉に、真面目でなくはいけない職場の「課」を組わせました。
真逆のものを組み合わせるのは、有力なアイデア作成法です。

具体的な技法はこちらの無料ニュースレターで紹介します。次回は8/5発行です。



・基本的に月2回発行(5日、20日※こちらはバックナンバー)。
・新規登録の特典のアイデア発想のオリジナルシート(キーワード法、物語改造法)つき!

―――――

 『不適切課』 齊藤 想

 自分は辞令を何度も見た。裏返し、蛍光灯に透かし、さらには眼鏡もかけた。だが、どんなに目を凝らしても”不適切課への異動を命ずる”と書かれている。
 自分は、おずおずと上司に尋ねた。
「この不適切課とは何ですか? 始めて目にしたのですが……」
 おほん、と上司は咳払いをした。
「不適切課は存在する。なにしろ、あまりにも不適切なので、門外不出の秘密部署とされているのである」
「秘密部署ですか……」
「そうだ!」となぜか上司は胸をそらした。
「君はまだ若いから知らないと思うが、ほとんどの大企業に不適切課は設置されておる。君も伝統ある不適切課の一員になることを誇りに思い、今後も職務に励んでくれたまえ」
 上司の目が金魚のように泳いでいる。
「お話は承りました。ですが、そもそも不適切課の場所が分からないのですが」
「このビルの地下三階だ。地下駐車場の一角にあるから、探してみるように」
 命令なので仕方なく地下三階に向かうと、本当に不適切課は存在した。駐車場の車椅子専用スペースに置かれたコンテナハウスに「不適切課」という紙が貼られている。
 場所からして不適切だ。
 その不適切なコンテナハウスに入ると、中年男性が待ち構えていた。キラキラしたステージ衣装を着て、もみあげが妙に長い。彼の机は、エルビス・プレスリーグッズで埋め尽くされている。
 彼は、手にしているマイクを突き上げた。
「何を隠そう、私が不適切課長である。不適切な課長ではなく、不適切課長だから、そこのところを間違えないように」
 見た目からして、社会人とは思えない。
「じゃあ、よろしく」
 用事は終わったらしい。課長はさも忙しそうに、もみあげの手入れを始めた。
 戸惑っている自分に、今度はバブル時代から飛び出してきたような妙齢の女性が近づいてきた。毛の生えた扇子を手にしている。
「これはジュリセンと言うの」
 聞いてもないのに、説明してくる。彼女の辛子明太子のような唇がうごめく。
「私こそ、誰もが憧れる不適切係長よ。ちょとそこの若いあなた、この課が何をするところか不思議に思っているでしょ」
 自分はうなずいた。不適切係長は「ジュリセン」で口元を隠す。
「この課はとても大切な仕事をしているの。それはね、社内にいる不適切な社員を常時監視することなの」
 監視するのではなく、監視される側ではないのか。それに、どうやって監視しているのだろうか。
 ぼくがその疑問を口にすると、不適切係長は、コンテナハウスの中を見渡した。中にいるメンバーを、一人ずつ指さし確認をする。
「どう? なかなか大変でしょ」
 いまのが仕事の全てらしい。どうやら、ここは不適切な社員を集めて閉じ込めておく部署らしい。ということは、自分も不適切社員の烙印を押されたのか。
 愕然とする自分に、今度はずんぐりむっくりした男性が近づいてきた。彼は不適切主任だと名乗った。
「まあまあ、ここは軽く一杯」
 彼の手には日本酒が握られている。なぜかコンテナハウス内に酒類の自動販売機があり、しかも課長と係長が楽しそうに一杯やっている。まだ午前10時だ。
 不適切主任は、自分の肩を軽くたたいた。
「まあ、いろいろと思うところもあるかもしれないけど、ここで楽しくやりましょうや。おれなんて、ここへきてもう十五年」
「十五年!」
「係長は二十年。課長は三十年。君もここで頑張れば、昇任も夢ではないぞ」
 自分は激しく首を横に振った
「絶対に嫌です。おれはここから必ず脱出する……いや、不適切課のメンバーで社内をあっと言わせる成果をあげてみせる」
 パチパチと拍手の音がした。課長だった。係長と主任も手を叩く。
「その心意気だ。ぼくはねえ、初めて見たときから君はモノが違うと思っていたよ」
「ここにいるのはだらしない中年ばかりだから、あなたの力で私を変えて欲しいわ」
「実は始めて見た時から、あなたは男が大きいと驚いていました」
 自分は辞令を見返した。不適切課への異動と同時に、部長を命ずると書いてある。自分は部長なのだ。課を変えるために、まずは上司である自分が変わらなくては。
 今日で裸族は引退し、明日から服を着て出社する。部長として力強く宣言したら、課員から一斉にブーイングが上がった。
 やっぱり、ここは不適切課だった。

―――――

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

最近の金融・投資【令和6年7月第3週】 [金融・投資]

〔先週の株式市場〕
自分の持株は2日プラスで3日マイナスでトータルはけっこうなマイナス。
この間、日系平均は大幅プラスと大幅マイナスで激しく上下したのだが、自分の持株はプラスは連動せず、マイナスだけ連動という情けない結果に。
まあ、いままでがプラス過ぎたからと思えば、なんですが。

〔6月は配当金月間〕
3月決算、6月配当金振り込みの企業が多いので、6月はチョコチョコ入金される。
基本分散投資なので、1社あたり数千円から数万円程度。中には数百円という企業もある。
それでもチリツモとはいい得て妙で、トータルするとなんだかんだといい金額になる。
なので、これらの配当金は、いつもの通りに再投資に回します。
あとはタイミングを間違えないように、という感じではあるのですが。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ: