So-net無料ブログ作成

【書評】貴志祐介『ミステリークロック』 [書評・映画評(DVD含)]

防犯探偵・榎本シリーズの第4作です。


ミステリークロック (角川書店単行本)

ミステリークロック (角川書店単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: Kindle版



このシリーズでは徹底的に密室に拘り、今回も奇妙な密室が4つそろっています。
『鏡の国の殺人』『ミステリークロック』といった本格ミステリもあれば、『ゆるやかな殺人』というバカミスもあります。
白眉は『コロッサスの鉤爪』です。
著者得意のマニアックな知識を総動員しながら、ガラスのハンマーを思わせる意表を突いたワンアイデアで見事に密室を突破します。
もちろんワンアイデアで一本書くのではなく、余詰めを潰すためにたくさんのアイデアを惜しげもなく放り込みます。
なぜこの作品を表題作にしなかったのかな、と思わせるできばえです。

防犯探偵シリーズ好きのひとのために!
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: