So-net無料ブログ作成

【書評】渡辺房男『東京秘図~西南の役異聞』 [書評・映画評(DVD含)]

これぞ歴史小説の醍醐味です。


東京秘図―西南の役異聞

東京秘図―西南の役異聞

  • 作者: 渡辺 房男
  • 出版社/メーカー: 新人物往来社
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 単行本



主人公の福田米太郎は実在の人物で、元松江藩士です。
明治維新を機に士籍を捨て、細筆の腕で生計を立てようとしますが四苦八苦します。
そうしたとき、測量図の清書という仕事を頼まれますが、これが西南の役を目前に控えた政府の陰謀と深く関わっていた、という話です。
福田米太郎は手記を残しており、その手記をベースに小説にしたのが本作です。
あくまで小説なので史実とは異なりますし、手記がどこまで事実を伝えたものかも、定かではありません。
しかし、小さな手がかりを元に、市井に埋もれた人物の発掘は、歴史ファンの楽しみでもあります。
渡辺房男らしく、明治時代の技術の描写が満載です。

歴史の楽しみを実感したいひとのために!

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ: