So-net無料ブログ作成

第12期マイナビオープン挑戦者決定戦(里見香奈四冠VS加藤桃子奨励会初段) [将棋]

西山女王への挑戦権は有力者2名の争いとなりました。

【中継サイト】
https://book.mynavi.jp/shogi/mynavi-open/

里見香奈女流四冠の成績は圧倒的です。
ここ3年間で、タイトル戦、男性棋士以外で負けたのはわずか2回です。加藤桃子女流初段相手でもタイトル戦以外では負けたことがなく、現在5連勝中です。
ただお互いの勝ち上がりかたには若干の差があり、加藤女流初段は盤石な将棋で勝ち上がってきました。
一方の里見女流四冠は、準決勝で磯谷真帆アマ相手にヒヤリとする場面がありました。
しかし、若干不利になっても、チャンスをつかむと一気にひっくり返す腕力は、さすが四冠とも言えます。
磯谷アマの健闘をほめるべきかもしれません。
さあ、女流全冠制覇に向け里見女流四冠がまた前進するのか、それとも加藤桃子奨励会初段が待ったをかけるのでしょうか!

【棋譜】
https://book.mynavi.jp/shogi/mynavi-open/result/12/mynavi201903080101.html

ということで、将棋です。
先手となった里見女流四冠はエース戦法である中飛車を採用します。
銀を繰り出す間に後手に5筋の歩を取られますが前例のある形で、作戦のひとつです。
交換した角を打ち合い、後手が角のラインから玉を外したところから前例のない将棋となります。
加藤奨励会初段は7五歩から先手の角を苛めにいきますが、それが先手の攻めを引っ張り込んで危険でした。
しかし、まだまだ互角の範囲内で評価値は先手優勢から互角をいったりきたりでしたが、61手目の4四歩を同角ととったのが分水嶺だったようです。
以降は飛車切りから先手の攻めが筋に入り、85手まで里見女流四冠が勝利し、西山女王への挑戦権を獲得しました。
これで里見女流四冠は対加藤桃奨励会初段相手に6連勝、通算でも15勝6敗と、ちょっと差がついてきた印象です。

西山女王との五番勝負は、4月9日(火)に神奈川県秦野市「元湯 陣屋」で開幕します!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー