So-net無料ブログ作成

第30期女流王位戦挑戦者決定戦(里見香奈女流四冠VS清水市代女流六段) [将棋]

リベンジマッチまであとひとつです。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/

里見女流四冠は西山女王への挑戦を決めたばかりですが、女流王位戦でも挑戦者決定戦まで勝ちあがってきました。
この圧倒的な戦績には驚くばかりです。
そのレーティングは2000に迫り、2位の伊藤沙恵女流二段とは約130、7位の清水市代女流六段とは250の差があります。
これは予想勝率でいうと83%であり、現に5連勝中です。
とはいえ、ひっくりかえせば確率的には5回に1回は清水市代女流六段が勝てるということになります。
野球界では打率2割前後のバッターはいるわけですから、もしかしたらという可能性はあります。
清水市代女流六段と渡部愛女流王位とのレーティング差はほとんどないので、里見香奈女流四冠に勝てば、久しぶりのタイトルも見えてきます。
挑戦者決定戦は一発勝負なので、何がおこるかわかりません。

さあ、清水市代女流六段は、一発勝負に逆転をかけることができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/kifu/30/joryu-oui201903150101.html

ということで、将棋です。
先手は清水女流六段。後手里見香四冠の向い飛車に、急戦調で立ち向かいます。
もっとも清水女流六段は穴熊を指さないので、急戦調になることが多いのですが。
先手は歩を2枚突き捨ててから飛車を浮き、軽快に攻めていこうとしますが、振り飛車の基本、攻められた筋に飛車を回るで受けられるとなかなか切り込めません。
3四歩と垂らし、端角で戦線の複雑化を図りますが、ここで里見香女流四冠の9五歩が機敏でした。
清水女流六段としては、無理を自覚しながら、ここで暴れるしかなかったかもしれません。
やむを得ず忍耐の道を歩みますが、里見香女流四冠の指し手は真綿でくるむような感じで、じりじりとリードを広げていきます。
112手まで指しましたが、後半は儀式のような手順でした。

里見香女流四冠が快勝で、渡部愛女流王位への挑戦権を獲得です。
女流王位戦五番勝負第1局は4月25日(木)、兵庫県姫路市「夢乃井」で行われます!

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー