So-net無料ブログ作成

第77期順位戦展望【B級1組・最終局】 [将棋]

残り1つの枠をめぐる争いです。

【対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2018/77b1/index.html

まずダントツの独走でA級復帰を決めたのは渡辺明二冠です。
B級1組にいてはいけない棋士なので、当然といえば当然です。
残り1枠は7勝4敗の斎藤慎太郎王座、木村一基九段、6勝5敗の行方尚史八段の争いです。
しかし、斎藤慎王座の最終戦の相手が渡辺二冠で、飛車切りから一方的に攻められて20時過ぎに終局。斎藤慎王座のA級入りはなくなりました。
そして運命のように組まれているのが、木村九段・行方八段戦です。
斎藤慎王座が敗れたことで、この対戦で勝った方がA級復帰です。
戦形は青野流から後手が横歩を取り返すという乱戦模様となり、派手に大駒が飛び交う将棋を制したのは木村九段でした。
いまだに6割4分近い通算勝率を保っている”おじさん”がいよいよA級復帰決定です。
残留争いは菅井竜也七段、橋本祟載八段、野月浩貴八段、畠山鎮七段の4人です。
負ければ即陥落の橋本八段が、谷川九段相手に敗れてまず1人目が決定。同時に菅井七段は残留決定です。
もうひとりですが野月八段が180手を超える熱戦の末に敗れて降級が決定、畠山鎮七段が残留となりました。
来期も師弟対決が見られます。

これで順位戦全対局が終了です。
来期も楽しみです!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー