So-net無料ブログ作成

第77順位戦【C級1組・最終戦】 [将棋]

藤井聡太七段と師匠の杉本昌隆八段の同時昇級がなるかどうかが注目されました。

【C級1組対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2018/77c1/index.html

勝てば自力昇級の杉本八段は、中堅千葉幸生七段相手に見事勝利し、B級2組への復帰を決めました。
50歳でのB級2組昇級は史上4番目の高齢記録です。おめでとうございます。
藤井聡七段は都成竜馬五段に勝利し9勝1敗の成績を上げましたが、順位の差で今回は涙を飲みました。
そしてもう1枠の昇級を勝ち取った棋士は、藤井聡七段の順位戦連勝記録を止め、唯一の土をつけた男、近藤誠也五段です。
最終戦の増田康宏六段も若手有望株で決して楽な相手ではありませんが、勢いの差か見事に勝利し、こちらも藤井聡七段に負けないスピード出世です。
C級1組から2組への降級者は5名です。
タイトル1期、A級通算6期の田中虎彦九段がついにC級2組に陥落です。
序盤のエジソンと言われ、対振り飛車の有力戦法として、居飛車穴熊を定着させた功労者です。
4月で62歳を迎えるので、あと何年現役でいられるのか、年齢との戦いになりそうです。
70歳現役を目指して欲しいです!

nice!(0)  コメント(0)