So-net無料ブログ作成

第77期順位戦展望【B級1組・中盤戦】 [将棋]

昇級1枠はほぼ決まりです。

【対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2018/77b1/index.html

前期でまさかのA級からの陥落をした渡辺棋王ですが、8勝0敗と圧倒的な実力を見せ付け、すでにマジック1です。
実力からしてほぼ決定でしょう。
注目はあと1枠です。
残り4戦であることを考えると、昇級の可能性があるのは3負勢まででしょうか。
2敗の斎藤慎太郎王座は1敗差で追う行方尚史八段、木村一基九段戦が残っています。ここで連勝すれば一気にA級へ昇れそうですが、ひとつでも負けると順位が低いので厳しそうです。
木村一基九段はライバルとの直接対決が2戦ありますので、ここで連勝すれば9年ぶりのA級復帰が見えてきます。
過去には花村元司九段の60歳でA級復帰という大記録がありますが、ファンの多い棋士ですし、四十代半ばでA級復帰もなかなかの記録なので目指して欲しいです。
残留争いでは、厳しいと思われていた畠山鎮七段が5連敗から3連勝と底力を見せて来ました。順位が低いし残り対戦相手が上位陣ばかりなので厳しい状況には変わりがありませんが、ライバルの状況次第で残留の目が見えてきました。
菅井竜也七段が1勝7負と降級の危機です。上を目指す棋士だと思っていたので、どうしてしまったのでしょうか。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー