SSブログ

【SS】齊藤想『謙信汁』 [自作ショートショート]

第1回NIIKEI文学賞に応募した作品その2です。
本作はだじゃれネタです。主催者が新潟経済新聞で、テーマが新潟なので、
新潟 → 上杉謙信 → けんちん → けんちん汁
という発想です。具体的な技法はこちらの無料ニュースレターで紹介します。次回は8/5発行です。



・基本的に月2回発行(5日、20日※こちらはバックナンバー)。
・新規登録の特典のアイデア発想のオリジナルシート(キーワード法、物語改造法)つき!

―――――

『謙信汁』 齊藤 想

 大学はいろいろな出身地の人間が集まるから楽しいなあ。
 おれの故郷である新潟と言えば上杉謙信。せっかくおれのアパートにゼミ仲間が集まったのだから、お前らに新潟県の郷土料理、謙信汁をふるまってやろう。
 そんな料理は聞いたことがないだと?
 意外と有名な料理なのにおかしいな。お前の出身地は東京か。そっちは埼玉か。関東では知られていないのかもな。我が家では週1回食卓に上がっていたメジャー級の母の味だ。ちなみにうちの母は東北出身だ。
 さて、謙信汁だが、これは根菜中心の汁物だ。
 大根、にんじん、ごぼう、里芋、ネギをごま油で炒め、次にだし汁と豆腐を入れて煮込み、最後に醤油で味を調える。この辺りの味付けは家庭で異なるが、あっさりめに作るのが我が家の味だ。最後に飾りというわけではないけど、うちは花かつおを掛ける。花かつおが湯気に揺られて踊るさまが、まるで川中島の決戦で火花を散らす武士みたいだろ。これぞ謙信汁の由来だ。新潟には平野も海もある。これは新潟こその味だな。
 一人暮らしは野菜不足になりがちだ。たっぷり食べてくれ。

 できたての謙信汁をひとくち食べた友人から、声が上がった。
「うまいけど、これってけんちん汁では?」

―――――


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

第95期ヒューリック杯棋聖戦第3局(藤井聡太棋聖VS山﨑隆之八段) [将棋]

藤井棋聖の2連勝で迎えた第3局です。

〔主催者サイト〕
http://live.shogi.or.jp/kisei/

山﨑八段の将棋は独創的で有名です。しかも準備しての独創ではなく、その場の直感による独創性です。前局でも向かい飛車を採用しましたが、その駒組は独特で、敗れたとはいえ山﨑ワールド全開だったと思います。
独創性のエピソードとして、叡王戦でPoanzaと対戦した時の話があります。
研究パートナーと対Ponaza用の研究を用意してきたのに、対局になるとなぜか自ら研究から外れてしまい、その局面を見て研究パートナーが頭を抱えたことがあったそうです。
奨励会時代もわが道を突き進んでいたそうですが、どうしても序盤で後れを取っていたそうです。そこで定跡を勉強したところ「こんなに楽に勝てるんだ」と驚いたそうです。
そこから定跡を勉強して……とならないのが、山﨑八段です。
この棋風でタイトル戦2回、A級にも到達したのですから、才能は尋常ではないと思います。
角番に追い込まれた苦しい立場ですが、さあ自由闊達な山崎将棋を本局でも見ることはできるでしょうか!

〔棋譜〕
http://live.shogi.or.jp/kisei/kifu/95/kisei202407010101.html

ということで、将棋です。
山﨑八段が先手番となると、やはり得意戦法の相掛りです。山﨑八段がじっくり歩を前進させるのに対して、藤井棋聖は低いか前から早繰り銀のように銀を進出させての速攻を目指します。
ここで山﨑八段の独自のアンテナが立ったのか、6五歩とぐいぐい伸ばしていきます。
ただ、後手陣がコンパクトにまとまっているのに対して先手陣はバラバラで、普通であれば先手勝ちやすいと思います。
ですが、山﨑八段です。駒を目一杯使って徐々に局面をまとめようとします。
しかし、藤井棋聖の58手目の7七歩が教科書にでてきそうな焦点の歩で、まさにスマッシュヒットです。
取り方は4通りありますが、どの手も味が悪いです。
以降はかなり一方的な展開となりましたが、山﨑八段も僅かな可能性を追い求めて、秒読みなるまで頑張ります。
しかし形勢はいかんともしがたく、100手まで藤井棋聖の完勝。
藤井棋聖は3連勝で棋聖を防衛し、これで5連覇となりました。
同時に永世棋聖の資格を獲得し、21歳11カ月での永世称号資格獲得の最年少記録を樹立ししました。

藤井棋聖おめでとうございます!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

最近の金融・投資【令和6年7月第1週】 [金融・投資]

〔先週の株式市場〕
4日プラスで1日マイナス。
マイナスは小さく、プラスは大きくだったので大幅プラス。
6月も1週~3週までずっとマイナスだったのに、最終週のプラスで一気に月トータルプラスに転じました。
6月は株価が下がる予想だったので買いを手控えていたのだが、うーん、なかなか予想が当たりません……。

〔大和証券Gの株主優待カタログが届いた話〕
1000株以上で選べるギフトから1点、3000株以上で2点選べる。
ということでぼくが選べるのは1点で、いつも凍らせて食べるゼリーを注文しています。
これがすこぶるおいしい。
実は2点もらうために3000株まで買い増そうとしたこともあるのですが、2000株まで増やして様子をみているうちに株がどんどん上がり、手がでなくなった経緯があったり。
なかなか株は難しいものです。はい。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ: