SSブログ

【書評】黒崎視音『警視庁心理捜査官』 [書評]

プロファイリングをテーマにしたミステリです。


警視庁心理捜査官 上 (徳間文庫)

警視庁心理捜査官 上 (徳間文庫)

  • 作者: 黒崎 視音
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2004/02/05
  • メディア: 文庫




警視庁心理捜査官 下 (徳間文庫)

警視庁心理捜査官 下 (徳間文庫)

  • 作者: 黒崎 視音
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2004/02/05
  • メディア: 文庫



主人公は架空の役職である心理捜査官・吉村爽子。
職務である心理分析を通じて捜査本部に提言をしますが、ベテラン捜査員の妨害に遇い、悉く無視されます。
重要参考人が大物弁護士の娘ということもあり、上層部も保身に走り、また捜査が進みません。
そうした内部の足の引っ張り合いが延々と続きますが、ちょっとあざといかなあ、というのが印象です。
女性捜査官が旧態依然とした男性捜査官から嫌がらせを受けながらも跳ね返す、というストーリーにしたいのは分かりますが、この設定自体が発表された年代を考慮しても時代遅れという部分があるので。
デビュー作ですから致し方なしかなと思いました。

今後の活躍に期待です!
nice!(6)  コメント(10)