So-net無料ブログ作成

第60期王位戦第4局(豊島将之王位VS木村一基九段) [将棋]

豊島王位の2勝1敗で迎えた第4局です。

【王位戦中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/oui/

幼い頃の豊島王位の才能にほれ込み、熱心に指導したのは土井春左右指導棋士七段です。豊島王位の師匠は桐山清澄九段ですが、豊島少年を推薦したのはもちろん土井春指導棋士です。なお、指導棋士の最高段位は七段なので、指導者として段位を極めたひとです。
土井春さんは83歳になりますが、いまも元気で、写真を拝見するととても温厚そうな人物に見えます。
少年にとって指導者の影響は大きいです。
豊島少年はよい指導者とめぐり合い、ここまで成長できたのかなと思います。
さあ、豊島王位は、土井春さんによい報告ができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/60/oui201908200101.html

ということで将棋です。
先手木村一九段が選択下のは相掛かりでした。
後手は左銀を前進させ、遠見を角を放って積極的に攻めます。
豊島王位は先に成銀、馬を作りますが、ここからが受けの木村の本領発揮です。
馬を消し、桂得に成功した先手好調ですが、ここからが長かった。
木村一九段はじっくりと優位を拡大する方針を決めると、B面攻撃から豊島陣を破り、あとは焦らず駒得を重ねます。、
豊島王位は入玉を目指し始めるとこれを黙認し、点数勝負に徹します。
ひたすら将棋は続き283手にまで至りますが、点数が足りないことがはっきりした豊島王位がついに投了しました。
これで2勝2敗のタイとなり、改めて3番勝負となります。

第5局は8月27日(火)から28(水)日にかけて、徳島県徳島市の「渭水苑」で行われます!
nice!(3)  コメント(0)