So-net無料ブログ作成

第68期王将戦第1局(久保利明王将VS渡辺明棋王) [将棋]

いよいよ開幕です。

【中継サイト】
http://mainichi.jp/oshosen/

振り飛車冬の時代と言われて久しいです。
そうした中でも、久保王将は振り飛車一本でここまで実績を積み上げてきました。
振り飛車党はそれなりにいても、純粋振り飛車党は極めて珍しく、もちろんA級では唯一ですし、タイトル保持者も久保王将のみです。
振り飛車党の有利さは経験です。
広瀬竜王が振り飛車穴熊を連採していたときも、アドバンテージとして「経験」を挙げていました。
さあ久保王将は経験を活かした将棋を見せることはできるでしょうか!

【棋譜】
http://mainichi.jp/oshosen-kifu/190113.html

ということで将棋です。
先手番は渡辺棋王。対する久保王将はゴキゲン中飛車を採用します。
序盤で飛車交換し、先手は腰掛銀、後手は美濃囲いとなります。
お互いにじりじりとした駒組みが続きますが、先手は後手に馬を作らせている間に玉頭から攻め潰す作戦を取ります。
どこから手をつけるのかと思っていたのですが、銀冠の弱点である頭を叩いてから、狙われている飛車をばっさり切ります。
こうなると、後手の飛車は遊んでおり、陣形の差で先手有利に傾いたと思います。
コンピューターによるとまだ互角で、88手目が分岐点だったようですが、これはコンピューターだからこそで、人間目線の分岐点はもっと前にあったように思います。
2筋攻めを見せて先手を焦らせるのが久保王将の狙いだったかと思いますが、あまりに遠すぎて、結果的に作戦ミスだったのかもしれません。
渡辺棋王は115手まで圧勝して、まずは先勝を挙げました。

第2局は1月26、27日(土、日)、大阪府高槻市原「山水館」で開催されます!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー