So-net無料ブログ作成

【書評】伊坂幸太郎『死神の精度』 [書評・映画評(DVD含)]

第57回日本推理作家協会短編部門受賞作品です。


死神の精度 (文春文庫)

死神の精度 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/02/10
  • メディア: Kindle版



主人公は死神です。
調査部員として派遣され、1週間観察の後に「可」か「見送り」かを判断するのだが、上司からは中途半端な情報しか与えられず、しかも人間界に詳しくない。
ちょっとズレた会話や行動がおかしみを生みます。
前半は平凡な感じがしてのめり込むことはありませんでしたが、だんだんと推理小説のテイストが濃くなり、まとまりもよくなります。
日本推理作家協会だけでなく、第134回直木賞候補、2006年本屋大賞3位も受賞している快作です。

短編小説好きに!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: