So-net無料ブログ作成

【書評】宮西達也『いちばんあいされてるのはぼく』 [書評・映画評(DVD含)]

少し切ない話を書かせたらピカいちの宮西達也の絵本です。


いちばんあいされてるのはぼく (絵本の時間)

いちばんあいされてるのはぼく (絵本の時間)

  • 作者: 宮西達也
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2010/09/02
  • メディア: 単行本



今回の主人公はティラノサウルスです。
たまごを見つけて食べようとしたら、生まれてきた5匹のアンキロサウルスの赤ちゃんに「パパだあぁ」と勘違いされてしまいます。
そして、ティラノサウルスがやられそうなとき、「パパを助けるんだ!」と必死に戦うアンキロサウルスの赤ん坊をみて、ティラノサウルスは赤ん坊を育てることを決意します。
子育ては順調でしたが、子供のうち1匹が「自分が一番パパに愛されている」と言い出したことから、兄弟間で微妙な空気が流れます。
それはパパの行動をの意味を勘違いしたためなのですが、その行動の真の意味とは……という話です。
ラストは思わずウルっとしてしまいます。

泣きたい絵本を読みたいひとのために!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ: