So-net無料ブログ作成

【書評】長新太『キャベツくんのにちようび』 [書評・映画評(DVD含)]

独特の作風を持つ長新太の絵本です。


キャベツくんのにちようび (えほんのもり)

キャベツくんのにちようび (えほんのもり)

  • 作者: 長 新太
  • 出版社/メーカー: 文研出版
  • 発売日: 2004/02/01
  • メディア: 単行本



ある日、道端でブタヤマさんとキャベツくんが出会いました。
ブタヤマさんはキャベツくんを食べようとしますが、そこに3匹の招き猫が現れます。
招き猫は「美味しいものがありますよ」と2人を誘いますが、ついていくと……という話です。
あまりに感覚が独特すぎて、まねできない作品だな、と思います。

長新太の絵本に親しみたいひとのために!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: