So-net無料ブログ作成

第65期王座戦第4局(羽生善治王座VS中村太地六段) [将棋]

羽生王座の1勝2敗で迎えた第4局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/ouza/

少し前に第88期棋聖戦の就位式がありました。
そこで、羽生王座は竜王位を獲得し、来期の棋聖戦を防衛して100期を目指す、という主旨の発言をしたそうです。
もちろん棋聖戦の主催者へのリップサービスかと思いますが「王座戦は?」と突っ込みを入れたファンも多いと思います。
王座戦は第1局の大逆転負けから連敗していきなり追い込まれましたが、前局でやっとひとつ返しました。
やや不利な中盤からギリギリの競り合いを制するという、最近はなかなか見られない将棋だったと思います。
不調も3年続けば実力といいます。
前期に続いて5割台前半の勝率で苦しんでいる羽生王座ですが、次の覇者がでてくるまで棋界を引っ張り続けて欲しいと願います。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/ouza/kifu/65/ouza201710110101.html

ということで、将棋です。
戦形は先手羽生王座の腰掛銀となり、後手中村太六段は早繰り銀で対抗します。
積極的に攻めた先手ですが、振り返ると序盤にやや問題があったようです。
44手目の後手4五銀が羽生王座の盲点になっており、桂銀交換の駒損ですが、続いて飛車も切り飛ばし、後手の攻めが繋がる形になります。
早々に自玉に詰めろがかかりますが、そこから羽生王座は反撃します。
一時的には優劣不明となりますが、時間を余していた中村太六段は十分な読みを入れて、羽生王座の攻めを余していきます。
最後は74手目の5九金が決めてでした。金を捨てて飛車を移動させることで玉を安全にします。
羽生王座は最後まで詰めろをかけますが、これは一種の儀式です。
80手まで後手中村太六段が勝利し、これで初タイトルを獲得しました。
羽生善治は棋聖のみの1冠に後退です。

中村太王座おめでとうございます!

nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー