SSブログ

【映画】スーサイド・スクワッド/”極”悪党、集結 [映画評]

マーゴットロビー主演のおバカ映画第3弾です。


ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結 [Blu-ray]

ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日: 2022/08/03
  • メディア: Blu-ray



冒頭からバカバカしいですが、そのバカバカしさが最高に面白いです。
秘密作戦のため、いつものように特殊技能を持つ悪党が南米の島に送り込まれます。
そのなかに、ハーレイ・クインもいるのですが、銃器のエキスパート、ブーメランの達人はいいとして、両腕をもいで遠隔操作できる達人、なんだかよく分からないアメコミヒーロー風で槍を持つ男、さらには人外のイタチ人間までいます。
で、当然ながらハーレイクインを残して全滅しますが、実はこれは陽動作戦で、本命はイドリスエルバ演じるブラッドスポート率いる、これまた変な犯罪者集団です。
こちらも人外のサメ人間までいます。
このブラッドスポートですが、銃器の達人という設定で、第1弾のウイルスミス演じるデットショットと同じ役回りです。娘がいるのも同じです。
さて映画ですが、島に潜入したおバカ軍団が暴れながら、目的である塔の爆破を目指します。
この塔ですが、実はヒトデ型の宇宙生物を、軍事目的で研究している施設でした。
施設の爆破に成功しますが、ヒトデ型宇宙人が暴れまわり、街を破壊しまくります。
動きといい、円谷プロのウルトラマンのノリです。
目的を達成したおバカ軍団ですが、街が破壊されるのを放置できず、ヒトデ型宇宙人を退治に向かいます。
という感じのストーリーです。
とにかく楽しめる映画だと思います。
残虐なシーンはありますが、ただ残虐なだけで、なんというかゲーム的な残虐性です。
基本的にはおバカなノリで進んでいき、最初から最後までバカバカしいです。
『スーサイドスクワット』はデットショットの家族愛、『ハーレイクインの華麗なる覚醒』はウーマンリブ的なノリがありましたが、そういった余分なテーマを排除して、とにかく観客を楽しませようという気持ちが伝わる快作だと思います。
映画はこれでいいんじゃないかと。
個人的には3作のうちで一番好きです。
製作費1億85百万ドルに対して興行収入1億67百万ドルと赤字となりましたが、観客の評価は良く、コロナ禍でなければと思わせる映画です。

マーゴットロビー主演のおバカ映画を楽しみたいひとのために!
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。