SSブログ

【映画】ブレードランナー2049 [映画評]

伝説的SFブレードランナーの35年ぶりの続編です。


ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD & ブルーレイセット(通常版) [4K ULTRA HD + Blu-ray]

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD & ブルーレイセット(通常版) [4K ULTRA HD + Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2018/03/09
  • メディア: Blu-ray



主人公は新型人造人間「レプリカント」の捜査官Kです。
Kは隠れ住む旧型レプリカントを追跡し、解任(抹殺)する仕事に従事しています。彼の恋人はAIのジョイです。
主人公はある農場で隠れ住んでいた旧型レプリカントを抹殺したあと、埋められていたトランクを発見します。
その中身は30年ほど前に死亡したレプリカントの遺骨で、しかも帝王切開の跡が見られました。
レプリカントは繁殖できないはずなのに。
この旧型レプリカントは、前作でブレードランナー、デッカードの恋人だったレプリカントです。
という感じでストーリーは続いていきます。
後半に前作でデッカード役を演じたハリソン・フォードが、本作でも年老いたデッカード役として再登場です。
基本的には主人公の成長物語です。
主人公は人間に作られたレプリカントとして、かつての同胞を殺すことに躊躇しません。
しかし、子供の存在を知り、自分の記憶に疑問を持ったことから、自分なりの生き方を模索することになります。
ラストはハリウッドらしく格闘シーンがあり、主人公が勝利します。
自分は吹き替え版で見た(amazon primeに字幕がなかったので)のですが、背景音と吹き替えの音量のバランスが悪いのか、それとも声質の問題か、セリフが聞き取りにくくて難渋しました。
自分は耳が悪いので、吹き替え版はちょっと辛いです。
アカデミー賞2部門受賞を始めとして、受賞歴多数です。その受賞で目立つのが撮影賞と美術賞で、世界観に沿った近未来描写が評価されたのかなと思います。
前作でも日本が少し登場しますが、本作でもチラリと日本語がでてきます。遊び心ですかね。
大作らしく興行収入は2億59百万ドルを稼ぎ出しましたが、製作費も1億50百万ドルと経費がかかっているため、おそらくは赤字かと思います。
残念。

有名SF映画の続編を楽しみたいひとのために!
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。