SSブログ

【書評】尾崎博監修『化石魚シーラカンス』 [書評]

なぞの古代生物シリーズの2巻です。


化石魚シーラカンス (なぞの古代生物 2 カラー版)

化石魚シーラカンス (なぞの古代生物 2 カラー版)

  • 出版社/メーカー: 国土社
  • 発売日: 2021/07/18
  • メディア: 単行本



シーラカンスは生きた化石と言われます。
約3億年前に誕生し、そこからほとんど進化することなく現代まで生き残ってきました。
本書はシーラカンスの歴史だけでなく、むしろ魚類の進化にスポットライトを当てています。
本書の初版は1971年ですが、当時の児童向け読み物らしく、絵も豊富で語り口はソフトですがけっこう難しい専門用語も散りばめています。
個人的には、こうした本の方が、子どもの興味を引くと思います。
水中忍者のようなティプロカウルスの姿は面白いです。

科学が好きな子供たちのために!
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。