So-net無料ブログ作成

第60期王位戦第6局(豊島将之王位VS木村一基九段) [将棋]

豊島王位の3勝2敗で迎えた第6局です。

【王位戦中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/oui/

木村九段には矢倉の著書が複数ありますが、個人的に一番だと思うのが『木村一基の初級者でもわかる受けの基本』です。
「千駄ヶ谷の受け士」の異名をとる木村九段らしい本です。
内容はというと、アマチュアが苦手な先受けの大切さが説かれています。
一手早く受けることで、受け手の選択肢が増えるというのです。
文章も平易で読みやすく、人柄がよくでている良著だと思います。
これから将棋を強くなりたい中級者にオススメですので、ぜひとも目を通してみてください。
将棋の本というと、どうしても作戦の詳解が中心になりがちです。
こうした将棋の基本から一歩進んだ本こそ、アマチュアにとって重要だと思うのですが、どうでしょうか。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/60/oui201909090101.html

ということで、将棋です。
角番に追い込まれた木村九段ですが、エース戦法の相掛かりを採用します。
局面が大きく動いたのは35手目です。木村九段は普通は銀を上がる3三に金を力強く持ち上げます。
豊島王位は2時間30分を超える長考に沈み、7六歩と木村九段の構想を真っ向から否定しにかかります。
飛車損ながら急所にと金ができて互角の形勢でしたが、コンピューターによると50手目からの構想にやや問題があったようです。
桂馬を取り馬を作りますが、急所のと金を払われ、駒を逃がしながら後手玉の周辺に集められると、駒損だけが響きます。
その後も木村九段は豊島王位の攻めを根こそぎ奪い、最後は先手の攻めの速度を見切っての反撃に出ます。
攻防ともに見込みがないと判断した豊島王位は、119手まで投了しました。
これで3勝3敗となり、タイトルの行方は最終決戦にもちこまれました。

第7局は9月25・26日(水・木)、東京都千代田区「都市センターホテル」で行われます!
nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。