So-net無料ブログ作成

【書評】清水カルマ『禁じられた遊び』 [書評・映画評(DVD含)]

「第4回本のサナギ賞」大賞受賞作です。


禁じられた遊び (ディスカヴァー文庫)

禁じられた遊び (ディスカヴァー文庫)

  • 作者: 清水 カルマ
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2019/06/14
  • メディア: 文庫



伊原直人は子供に「トカゲのしっぽを埋めると再生するよ」と小さなウソをつきます。そのウソを信じた子供が、愛する母が交通事故で死んだとき、ちぎれた指先を土に埋めて、再生させようと必死に祈ります。
物語はふたつの軸で進んでいきます。伊原直人と、昔の同僚だったフリーのビデオ記者、倉沢比呂子です。
二人の間のほのかな恋愛感情が、死んだ妻の怨念を増幅させ、次々と奇怪なできごとが起こります。ここからドンドンおどろおどろしい展開が続きます。
まさにホラーです。
ただ恐ろしいだけでなく、ラストには意外などんでん返しが待っています。
新人らしく、かつ新人離れした作品だと思います。

ホラー好きの読者のために!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。