So-net無料ブログ作成

【書評】大倉祟裕『凍雨』 [書評・映画評(DVD含)]

山岳を舞台にしたハードボイルドです。


凍雨 (徳間文庫 お 41-1)

凍雨 (徳間文庫 お 41-1)

  • 作者: 大倉 崇裕
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2014/10/03
  • メディア: 文庫



舞台は架空の山です。
亡夫の慰霊登山に出かけた母娘が、謎の集団同士の構想に巻き込まれて人質にされます。
追われていた集団は、追跡者を全滅させ山岳に立てこもります。
同じく慰霊登山にでかけていた元自衛隊員である亡夫の親友が、謎の集団との戦いを挑む……という全編に渡るアクション小説です。
元自衛隊員が強く、実力差は明らかなので、人数頼みの敵を徐々に削っていきます。
途中でお互いの過去がいろいろと明らかになるが、若干不満が残る内容かも。

山岳を舞台にしたアクション小説を読みたいひとのために!
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。