So-net無料ブログ作成

創作状況【12月中旬】 [ぼくの公募状況]

なんか月1回になってきました。

【メルマガ原稿】
 今月のメニューはこちらです。
◆んな公募に挑戦してきました(第11回)~第28回ゆきのまち幻想文学賞の巻
◆リアルタイム企画・TO-BE小説工房に挑戦中(第44回)
◆公募情報数点
 今月取り上げるのは、冬の風物詩であるゆきのまち幻想文学賞です。公募のキーとなる幻想性について考えます。
 メルマガ登録はこちらから。もちろん無料です!
 http://www.arasuji.com/saitomagazine.html

【TO-BE小説工房】
今月投稿用はかるく校正する。舞台は明治だけど、あんまり明治らしくないなあ。5枚なので強烈な明治臭を出すのはそもそも難しい面があるのですが。
来月は「修羅場」ですか。なんとなく、ハチャメチャな物語を書いてみる。なんとなく、いろいろと引き出しを増やそうかと思いまして。

【星新一賞】
先月「面白そうなネタがあるんだけどなあ」と書いているけど、いったい何のことだがすっかり忘れる。
ストックしてあるネタのうち、どれかが面白いと感じたのだろう。
だけどまあ、トピックスがあまりに瞬間風速的なネタすぎて、なんとなく、気が進まない。

【創元SF短編賞】
結局、星新一賞に出した作品をリライトすることにした。
枚数がかなり違うので、サイドストーリーを練りこんでいく。
と書きつつ、いろいろと足りないよなあ。
ハートウォームにしたいのだが、ちょっと考える必要があるかも。とりあえずいまのとこと40×40で9枚です。なんか、これSFかあ、という作品になりつつある。
なんだかなあ……。

【北区内田康夫ミステリー文学賞】
来年も出そうと思っている。ゆきのまち幻想文学賞に出した作品を、改作して出そうと思っています。
と書いておけば、ネタを忘れることもないかな。

【福島正実SF童話賞】
なかなか順番が回ってこない。けど、調べたいんだよなあ。悪い癖なんだけども。

【ゆきのまち幻想文学賞】
チャッキリと校正する。10枚ジャストに押し込む。なんとなく選考委員たちが好きそうな話にしてみたつもりだけど、さて予選を通過するかどうか。
いままで出した中で一番幻想文学賞らしいとは思うのだが。
3年後に出す作品の書きかけを発見する。
いちおう最後まで書いたものの、まったく幻想的ではなく、あまりにもひどい作品になってしまったとへこむ。まあ、何か考えます。

【ミステリーズ!】
ミステリを書きたい気分だけど、2年連続してクリスマスまで出勤確定している状況ではちょっと手が回らない。むり。

【FACEBOOK】
友達募集中です!
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007879718530

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。