So-net無料ブログ作成

【書評】千東正子『ヌルロン星人を救え』 [書評・映画評(DVD含)]

第23回(2005年)福島正実SF童話大賞受賞作です。


ヌルロン星人をすくえ! (いわさき創作童話)

ヌルロン星人をすくえ! (いわさき創作童話)

  • 作者: 千東 正子
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2006/11/24
  • メディア: 単行本



かなり完成度の高い作品だと思いました。
舞台は未来の小学校ですが、遠足としてそれぞれが「ピンチの星を救い」に行かされる。ピンチレベルに0~10まであり、主人公は見栄からレベル10を選んでしまう。
そこでいろいろあり、意外な形でレベル10の星を救うことに成功します。
なにより、設定が面白いです。宇宙への冒険、さらには世界を救うといった冒険活劇の要素が詰まっています。すぐに冒険に出発するスピーディーさも良いです。
相棒は犬ですが、これに進化リングを付けると体も思考力も人間になり、関西風オヤジになるというキャラ設定もなかなかです。
主人公の成長と、さいごのどんでん返しがいま一つですが、物語の構成として、とてもレベルが高いと思います。
福島正実SF童話大賞を目指すにあたり、とても参考になりました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0