So-net無料ブログ作成

第39期棋王戦第1局(渡辺明棋王VS三浦弘行九段) [将棋]

三浦九段は2008年以来となる久しぶりのタイトル戦登場です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

三浦九段は”みうみう”という愛称で呼ばれています。本人公認です。
その由来ですが、wikiによると

「2012年4月11日の名人戦ニコニコ生放送『ネット初!完全生中継【将棋】​第70期名人戦七番勝負第1局​(2日目)森内俊之名人vs羽生善治二冠』の解説において、聞き手の安食女流のあだ名が「あじあじ」であるという話の流れを受け、視聴者より「みうみう」というあだ名を提案され、「これから私の事はみうみうと呼んでください」と快諾していた」

とのことです。
みうみうと聞くとおちゃらけたイメージですが、真面目で根をつめるタイプのようで、棋界一の研究家といわれています。
さて、久しぶりのタイトル戦で、三浦九段の研究手が爆発するでしょうか?

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/39/kiou201402020101.html

ということで、将棋です。
戦形はお互いの得意戦法である横歩取りになりました。
後手の三浦九段が戦機をうかがっているうちに、渡辺棋王が先行し、先手やや有利になったようです。
だが、ここから三浦九段は決め手を与えず、うまく交わし、反撃をしたところで形勢は混沌とします。
なにしろ横歩取りの先手は玉が薄いので、ひとつのミスが命取りです。
飛車をなんとか封じ目こめますが、ここまでくるとどちらが有利か分からない状態です。
最後は渡辺玉が中段を泳いでしのぎ、そのしのいだ玉が詰みにぴったり利いての後手玉を即詰みに討ち取りました。
お互いに1分将棋の激戦を、渡辺棋王がものしました。
防衛に向けて、大きな1勝だと思います。

第2局は2/22(土)、金沢市で開催します!
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0